中津川市/古文献アーカイブ

中津川市史 中巻Ⅱ

第五編 近世(二) -関ヶ原戦から明治維新まで-

第六章 宿・交通

第四節 中津川・落合両宿の助郷

一 助郷

宿の常備人馬のみでは、宿から宿への継立がまかないきれない場合に、近郷の村々から人馬を徴発するという一種の課役が助郷である。また助郷は、これらの寄付(よりつき)の村を意味した。
 さらに、この助郷について「何村を何宿の助郷にする」という指定は、道中関係のことであるから幕府の決定事項であった。
 助郷の様子をのべる前に、助郷に関する用語について、中津川・落合両宿を主として、簡単にまとめてみる。