中津川市/古文献アーカイブ

中津川市史 中巻Ⅱ

第五編 近世(二) -関ヶ原戦から明治維新まで-

第五章 林業

第一節 林政と林業経営

四 法度と刑罰

山林に対する規制の厳しかった木曽でも、その罰則については明示されたものがなく、不文律で先例によるところが多かったと考えられる。弘化二年(一八四五)一〇月初めて成文化されたのが、「木曽并三ケ村三浦山盗伐等御仕置定」である。
 
 木曽并三ケ村三浦山盗伐等御仕置御定
 
一 御留山等ニ而盗伐致候者      頭 取
                     重追放
                 頭取ニ准候もの
                   中追放
                 同 類
                   牢舎三十日
    [盗伐人之村方盗伐有之候地元村方] 庄屋 組頭
                    過料三貫文宛
  但 全自分作事等ニ相用候為メ少分之分ハ 木曽谷中
               
        [背人之村方地元之村方] 庄屋 組頭
                    過料壱貫文宛
一 御留山ニ而皮剝 枝打等       牢舎三十日
        [背人之村方地元之村方] 庄屋 組頭
                     急度叱
一 明山ニ而御停止之木品等背伐致候者
                  頭 取
                  木曽谷中幷三ケ村追放
                  頭取ニ准候者
                     牢舎三十日
                  同 類
                       手錠三十日
         [背人之村方地元之村方] 庄屋 組頭
                    過料壱貫文つゝ
  但 全自分作事等ニ相用候為メ少分之者
                    牢舎三十日
         [背人之村方地元之村方] 庄屋 組頭
                     急度叱
一 明山ニ而御停止之木品皮剝 枝打等  手鎖三十日
         [背人之村方地元之村方] 庄屋 組頭
                    叱
一 盗伐・背伐共切株有之盗主等不相知節は 地元村方庄屋 組頭急度叱 壱ケ年ニ両度又ハ壱度ニ而も百本以上之節は過料銭壱貫文宛
    但 皮剝 枝打等ハ何ケ度ニ而も急度叱
一 御留山等において盗伐之木品と乍存買取候者 牢舎三十日
一 盗伐・背伐之儀ハ不存共、出所不訂御停止之木品買取候者
                    手錠十五日
一 盗伐幷背伐之木品共所持致候得者 都而取揚可申事
一 重 中追放之もの夫々御構場之外 木曽谷中幷三ヶ村共塞之高田畑 家財共欠所可申付事
一 盗伐 背伐いたし候者共 及見聞訴出候得者御褒美左之通 下さるべし
   壱本より拾本迠    弐貫文
   拾本より五拾本迠   三貫文
   五拾本より百本迠   五貫文
   百本より以上     拾貫文
一 前頭盗伐 背伐少分之目当ハ 切株壱尺廻以下 数ハ拾本以下たるへき事
 但 一向少分之類等ハ節ハ評義次第 皮剝 枝打之類之准候分も可有之事
切畑之儀 新規之場所ハ勿論切返し之場所たり共 向後必役所え相願 役所より上松御陣屋江打合せ上 場所立合見分無差支候ハ済口申渡筈
右之通可心得者也
   (以下略)    (徳川林政史研究所蔵)(川上村史)
 
 この規定をみる限り、俗に「檜一本に首一つ」というような厳しいものではなかった。一番重い刑は追放より重いもので領外追放の重追放となっていた。