高山市図書館/高山城下町・飛騨国絵図・高山市史街道編

高山市史 街道編 上

第一章 飛騨の街道を行く

第一節 江戸時代の街道を行く

(10)高原道、中尾峠

⑥高原道の見所

(ク)長倉(ながくら・上宝町長倉)


1-1-(10)-13 長倉

 村名の由来は長い「くら(谷の意)」にちなむ。南向きの斜面に集落が立地し、日当たりが良い。板倉があり、集落の上方には棚田が広がる。
 集落上部に臨済宗の桂峯寺があり、多くの文化財を所蔵する。桂峯寺から見る景色は素晴らしく、また、棚田からは焼岳がよく眺望される。