高山市図書館/高山城下町・飛騨国絵図・高山市史街道編

高山市史 街道編 上

第一章 飛騨の街道を行く

第一節 江戸時代の街道を行く

(10)高原道、中尾峠

⑥高原道の見所

(エ)中尾峠へ


1-1-(10)-7 中尾温泉


1-1-(10)-8 中尾峠(奥が焼岳)

 栃尾から県道475号を東へ進むと栃尾温泉、神坂(かんさか)、中尾に至る。途中、神坂には「中尾口留番所」の跡があり、高山市の文化財(史跡)に指定されている。そこから東南方向に進んで高台の中尾温泉に着く。江戸時代の中尾峠へは、中尾温泉地区を通って、東南方向に登山道をどんどん登り、中尾峠へと通ずる。現在の登山道と江戸時代の街道は、何ヵ所かで切り替わっているところも見られる。『国中案内』によると中尾村の家数は十四軒である。