高山市図書館/高山城下町・飛騨国絵図・高山市史街道編

高山市史 街道編 上

第一章 飛騨の街道を行く

第一節 江戸時代の街道を行く

(4)越中東街道

③街道沿いにのこる見所

(サ)上広瀬加茂神社(国府町上広瀬)


1-1-(4)-13 加茂神社(拝殿)

 主神は別雷神(わけいかずちのかみ)、境内に小丸山古墳がある。
 樹齢四千年という樹高三十五メートルの県天然記念物「イチョウ」、樹齢八百年という樹高三十メートルの市天然記念物「カヤのキ」がある。
 本殿は弘化四年(一八四七)の再建で、市の文化財に指定されている。棟札、神名札が残っていて、大工は高山の岡田平兵衛である。
 拝殿は嘉永六年(一八五三)の再建で、市の文化財に指定されている。棟札によると棟梁は高山の名工岡田弥兵衛房清である。一門に広瀬石之助がいて、瓜巣の船坂本邸(横浜市三溪園・国重文)や、法華寺の四脚門を建てている。