高山市図書館/高山城下町・飛騨国絵図・高山市史街道編

高山市史 街道編 上

第一章 飛騨の街道を行く

第一節 江戸時代の街道を行く

(3)江戸街道その2(薮原)

②街道沿いにのこる見所

(キ)『朝日村史 全』が紹介する史跡等(昭和三十一年)*一部現代語訳に修正

 小谷と久々野町柳島との境にあり、標高一〇五六メートル、東天に輝く荘厳雄大な御来光が見られるのでその名があるという。車に乗鞍、西南には位山や船山が眺められ、眼下には朝日村の西部から久々野町一帯の村々を俯瞰する。その南面および北面は急峻な岩山で、頂上に三つの小平地がある。その昔小谷某の居城跡とも伝えている。東麓ゴミの木平には寺屋敷と称する平地があり、元長圓寺の屋敷跡かという。

1-1-(3)-16 日ノ観ヶ岳