高山市図書館/高山城下町・飛騨国絵図・高山市史街道編

高山市史 街道編 上

第一章 飛騨の街道を行く

第一節 江戸時代の街道を行く

(2)江戸街道その1(木曽福島)

②街道沿いにのこる見所

(ケ)長峰峠周辺(高根町留之原~長野県木曽郡木曽町開田高原西野)

 小日和田川を谷沿いに約四キロメートル上流へ登ると鎌ヶ峰連峰の嶺線へ出る。頂上から約五キロメートル下った場所が開田村藤沢である。やがて長峰からの木曽街道に合流する。この峠路も関谷(せきや)峠と同様に新長峰峠が改修され、自動車が物資を安く運搬するようになるまで使用した。なお終戦前後の高根村の奥集落の食糧不足を補うために、米を背負ってこの峠を通ったと語る人が多い。

1-1-(2)-17 藤沢峠方面


1-1-(2)-18 五峠の位置図