高山市図書館/高山城下町・飛騨国絵図・高山市史街道編

高山市史 街道編 上

第一章 飛騨の街道を行く

第一節 江戸時代の街道を行く

(2)江戸街道その1(木曽福島)

②街道沿いにのこる見所

(ケ)長峰峠周辺(高根町留之原~長野県木曽郡木曽町開田高原西野)

 現在の日和田を通る道は国道ただ一筋であるが、川沿いにわずかに広がる平地地形の両日和田地区は、入るにも出るにも峠を越さなければならなかった。その峠の道は時代と共に移動している。一口に木曽街道が日和田を通過していると言っても、日和田村内の通過地点は時代によって一定していなかった。高根村の信飛の国境には、御嶽山と乗鞍山の間に東北から南西に走る鎌ヶ峰連峰があり、この連峰を越える峠には、北から番所峠、野麦峠、藤沢峠、長峰峠、御境峠の五峠がある。

1-1-(2)-16 長峰峠