木曽町図書館/合併町村史

合併町村史

木曽福島町史 第1巻

木曽福島町史 第1巻 歴史編編集:木曽福島町

出版:木曽福島町 1982年


 
『木曽福島町史 第1巻』  目次
 
目   次ページ
第一章  先史時代1
第一節  遺跡及遺物2
第二節  木曽の石器時代6
一  遺跡分布の概観7
二  木曽の石器時代遺跡表9
三  遺物の概観14
第三節  福島町の石器時代20
一  遺跡20
二  遺物21
第二章  上代より平安朝末迄32
第一節  概説32
第二節  国郡の区劃と国府34
第三節  郡県分治35
第四節  信・美両国境界論37
第五節  岐蘇山道と吉蘇路38
第六節  官道と駅伝41
第七節  信濃なる木曽42
第八節  庄園43
第九節  木曽の庄園44
第三章  義仲興起より木曽氏滅亡迄50
第一節  概説50
第二節  木曽義仲52
  義仲の松本成長説
  中原兼遠
  大夫坊覚明
  義仲の妻妾
  巴
第三節  福島と義仲62
第四節  義仲の妹菊と大般若経63
第五節  義仲の子供64
  義隆
  義重
  義基
  義宗
  沼田伊象守藤原家に就て
第六節  義茂72
第七節  基家73
第八節  家仲73
第九節  家教74
第十節  家村74
  後の木曽氏
  家村の子供
  義親
  家昌
  家景
  家満
  家重
第十一節  家道83
第十二節  家頼84
第十三節  家親85
第十四節  親豊85
第十五節  信道87
  小丸山城
第十六節  豊方88
第十七節  家賢89
第十八節  家豊92
第十九節  義元99
  義勝
  叔雅
第二十節  義在103
  上の段城
第二十一節  義康107
  高遠を滅す
  瀬澤合戦
  福興城救援と十四年塩尻峠の戦
  千村内匠高遠城を守る
  千村内匠
  天文十八年鳥居嶺の戦
  義康甲斐に降る
  山村三郎左衛門飛騨を抑う
  古畑伯耆
  木曽と東濃
  福島城
  安倍加賀守宗貞
第二十二節  義昌130
  義昌美濃出兵
  木曽氏織田氏と結ぶ
  武田氏亡ぶ
  義昌深志を失う
  信濃混乱す
  義昌徳川家康に帰す
  義昌秀吉氏に属す
  小笠原貞慶の来襲
  妻籠城の戦
  義昌移封
  義豊
第二十三節  義利160
  義春
  義通
  木曽氏系図
第四章  豊臣時代168
第一節  石川備前守支配168
第二節  太閤検地170
第三節  豊臣時代の年貢173
第四節  関ヶ原の前戦178
第五節  苗木、岩村両城攻略184
第六節  山村氏木曽代官となる186
第五章  江戸時代191
第一節  山村氏191
一  山村家譜191
二  遠祖良道198
三  次祖良利199
四  山村氏家系に就て201
五  山村氏歴代事蹟204
六  山村氏の格式237
七  山村氏の家臣240
八  政務機関と政務244
九  御家中分限帳261
一〇  山村家屋敷及営造物268
一一  山村氏の財政268
第二節  民制281
一  聚落の発達と村の組織性質281
二  民制の概観282
三  宿村の自治制284
四  宿村役人285
  福島、岩郷両村の庄屋・組頭
五  五人組の制305
六  代官306
七  宗門改311
八  鉄砲改326
九  高札336
一〇  福島、岩郷の戸口354
一一  刑罰359
第三節  田制及税法364
一  総説364
二  貢租365
  正税
  雑税―毛付馬の物成
  課税―よき役
  運上冥加
  年貢に関する用語
三  江戸時代貢租の実際371
  初期
  木年貢
  享保検地
  検地以後の年貢
  納物
  椀飯
四  徭役434
第四節  林業445
一  江戸時代以前の木曽山林445
二  江戸時代の木曽山の概要446
三  福島、岩郷の山林464
四  切畑473
五  巣鷹附野火482
六  入会山495
七  漆の植林511
八  御免荷物518
第五節  産業経済532
一  木曽の産業概観532
二  福島、岩郷の産業と産物543
三  漆器業546
四  太布551
五  奇応丸551
六  薬種553
七  馬555
  木曽産馬
  馬市
八  商業568
  運輸機関
  六催の市
  福島宿の職業
九  財政経済583
一〇  救恤助成592
  救恤助成
  拝借金穀
  扶食
  作食米
第六節  交通600
一  総説600
  中山道
  脇往還
  権兵衛街道
  一里塚と並木
  福島・岩郷の道路・橋梁
二  宿駅614
三  問屋616
四  本陣622
五  伝馬627
六  駄賃643
七  助郷649
  木曽寄人馬
  尾州領美濃国狩出人馬
  助郷
  当分助郷、加助郷
  助郷に関する訴訟
八  御通行684
九  御茶壺道中701
一〇  山村氏の諸侯送迎704
一一  宿救金と救済709
一二  福島関所724
第七節  備荒貯蓄750
第八節  火防・水防753
第九節  災害異変776
第十節  騒動790
第十一節  用水796
第十二節  神社・仏閣・社堂799
一  水無神社799
二  興禅寺816
三  長福寺 附龍源寺828
四  大通寺837
五  久昌院839
六  西方寺842
七  願行寺843
八  了源寺844
九  廃寺845
  西光寺
  善性寺
  勝澤院
一〇  小社848
一一  堂塔851
一二  山伏854
一三  御嶽山と福島857
第十三節  教育・学芸・武芸862
一  総説862
二  学問所863
三  私塾866
四  寺小屋866
五  学者868
  宮地正辰
  三村道益
  石作駒石
  渡邊方壺
  山村良由
  武居端
  澤田重徽
  山村良祺
  大脇自笑
  武居甲拙
  今井道安
  松山令仙
  寺澤牛岩
  其の他
六  俳人881
  巴笑
  澤田世瑞
  山村風兆
  惠美亭望尾
  嘯松館五〓
  亀子堂亀
七  句碑885
八  歌人886
九  書家887
  勝野雲巒
  池井祐川
一〇  武芸者887
  伊東匡繼
  遠藤五平太
  原田忠作
  其の他
一一  其の他、荒井新兵衛892
第十四節  幕末及維新892
一  和宮御降嫁御通行892
二  水戸浪士の通行899
三  討幕軍905
四  贋勅使事件919
五  木曽の雰囲気922
六  越後戦争923
七  廃藩置県926
第十五節  風俗・習慣・伝説928
一  風俗習慣928
二  盆踊932
三  一モツコ山と御室939
四  一モツコ山の伝説と其の考察941
五  阿古多丸943

TOP