長野県立歴史館/信濃史料

信濃史料

巻五 文保二年(1318)~

元徳二年九月七日(1330) 建長寺住持楚俊、明極、至遠孤山、の請に応じて、その師覚心無本、心地房、の頂相〓跳頂相、に讃を加ふ、尋で、後醍醐天皇、同像を拝して、覚心に法燈円明国師の号を授く、

    [出典]
     頂相霊験記
     法燈国師M跳頂相賛
     清拙和尚語録・二・仏祖賛
     妙光雑記
     仏徳禅師語録・小仏事