NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ

9.長野県町村誌・村絵図、古跡名勝絵図等

「長野県町村誌」と明治初期の絵図・地図

東信

地域
東信
市町村名
現在(令和2年):小海町(こうみまち)
明治初期:子村(いなごむら)
幕末から明治初期:子村/子新田村
幕末から明治初期(よみ):いなごむら/いなごしんでんむら
『長野県町村誌』
2巻 p2665に掲載 該当ページを見る
キーワード
字地:
子入/屋敷/森下/芦平(あしだいら)/子(いなご)/森ノ前
山:
八ヶ嶽
川:
子川/森ノ前堤/唐物立堤/土川原堤
渡・堰:
上ノ池/下ノ池
道路:
隣村道
社:
諏訪社
寺:
弥勒寺
古跡・名勝:
古城跡
物産1:
米/大麦/小麦/粟/稗/大豆/小豆/蕎麦/大角豆/馬鈴薯
物産2:
馬子/繭/麻布/材木
民業男:
農桑/伐材/杣/駄賃稼
民業女:
農桑/養蚕/麻布織
その他特記ワード:
伴野庄/渋ノ湯
明治初期の村絵図・地図(県立歴史館所蔵)
子村(絵図)
史料ID:1-1 8-19
稲子村(絵図)
目録を見る
変遷図
変遷図を見る
市町村史誌目次情報DB
南佐久郡誌