NPO長野県図書館等協働機構 信州地域史料アーカイブ

7.教育、人物・伝記

■岐蘇林友 廿周年記念號(第百四十四號) [翻刻・ルビ・注記] 

            画像13
          三 村 千 載
千早振神代の代よりしけりけん
      ひるもをくらき木曽の檜原は
朝な夕な真木の茂れる木曽山に
      雲のかゝれるさまのをゝしき
山といふ山はあれどもとこもはに
      真木木のしけれるやまは木曽山
そのむかし伊勢の宮木を伐いてゝ
      こたまにひゝくほまれ高くも
君むかしゆつりまつりし木曽山の
 
  (改頁)      画像14
 
      いまは御料となりにけるかな
深山木もめくみの露にうるほひて
      ときはかきはにいや栄ゆらん
み林をゆつりまつりしまこゝろは
      なかれてきよし木曽の川みつ
み林のあはひに匂ふもみちはゝ
      民のこゝろのもゆるなりけり
うゑて伐りきりては植うる大木曽や
      小木曽の檜原つくるときなし
山といふ山の檜原にとはすとも
      木曽のみ山と人はいふらん