NPO長野県図書館等協働機構 信州地域史料アーカイブ

7.教育、人物・伝記

■木曾山林学校要覧 [翻刻・ルビ・注記] 

            画像47
所要の学資は物価の高低により一定し難しと雖も、1ヶ月の予算左の如し
費 目   1ヶ月所要高   適 用
授業料      80銭   毎月20日に徴集(但、8月は免除)
 
  (改頁)      画像48
 
舎 費      30銭
食 費    6円00銭   自炊制度に依るが故に、食費僅少なるに比し食料品は
               頗る善良なり
筆墨其他雑費 1円70銭
校友会費     20銭
合 計    9円00銭
  注意 此外入学後新調を要すべき物品及び見込代価は大凡(おおよそ)左の如し
     但、一時支出を要するものにして毎月の費用にあらず
費 目    見込価格    適 用
制服(冬衣) 6円 00銭   入学後直に新調すべき筈なるも、已むを得ざる事情
               あるものは10月まで猶予することを得
同(夏衣)  2円 50銭   入学後5月までに新調すべし、但それまでは袴着用
               の上出校すべし
制帽及徽章  1円 30銭   入学後直に新調すべし
靴及ゲートル 2円 90銭   夏制服調整の時まで猶予することを得
教科書   凡 8円 00銭   入学後直ぐに購入すべし(注意3、2学年生徒の教
               科書代価は之より遥かに少額なり)
実習服    1円 00銭   既定の製法に従ひ入学後直に新調すべし
 
  (改頁)