NPO長野県図書館等協働機構 信州地域史料アーカイブ

7.教育、人物・伝記

絵頭入書百性往来童子宝全 [翻刻] 

 百性往来      画像4
凡百性取扱文字
農業耕作之道具
鋤鍬鎌犂馬把
钁竹把鉄把箆
 
  (改頁)
 
菌担桶天秤棒
簣持籠駒掫鋤
簾捌〓《ヱブリ》蒲器槌
〓《ガンジキ》間杭橇連架
稲扱碓〓《カラ》杵舂
 
  (改頁)      画像5
 
肘木挽磨箕泥障
簸簾板簾間簾千石
梼篩絹〓《フルイ》桔槹□
桶水車飜車龍骨車
蓑笠〓《フド》石籠等之
 
  (改頁)
 
加修理破損毎日
田畑を見廻指図
肝要也、扨又新田
開発地平均相済
御検地入持主名主
 
  (改頁)      画像6
 
御縄を請、石盛分
米厘付等、土地之
上中下町反畝歩
迫地熟田木陰
日向廣狭長短
 
  (改頁)
 
甲乙多少空売高
考変地盛衰、水
損旱損之手当者
池溜井川筋ニ者堤を
築、筧埋、樋〓《イリ》土手
 
  (改頁)      画像7
 
堰齟齬関板羽口
柵迄逐一目論見
帳を以、年々村方之
物入りを可分別者也、
肥者下□馬糞馬
 
  (改頁)
 
踏草干鰯魚腸
就苦贏子蝦蛄
糠油絞粕藁灰等也、
就中米者籾芽出
摘田蒔付苗代鳴子
 
  (改頁)      画像8
 
案山子掘浚水曳
水口抜端之塩梅
温夏旱魃雨乞葉
渋滑虫之妨無之様
是亦勘弁第一也、
 
  (改頁)
 
御検見を請、坪刈
田場立札毛揃合
毛附無相違御年
貢者、口米共赤玉青
砕荒等無之様遂吟
 
  (改頁)      画像9
 
味、米見升取名主
立合、縄俵念入御
蔵納津出場之事、
別而未進無之様
可心懸者也、将亦
 
  (改頁)
 
御巡見遵行御伝
馬、御領私領之村々
定大助遠村加助
役并ニ助郷問屋人
馬割触順番宿駅
 
  (改頁)      画像10
 
之到着御用無指
支様馬指之任指
図、継送荷物宰
領中へ渡之、道橋
舩川渡場、往還大
 
  (改頁)
 
道之掃除、他村入
会之境我拶無之
様可相謹、惣而荷
物之貫目者、馬一疋
乗懸二十貫、軽尻
 
  (改頁)      画像11
 
五貫、駄荷三拾六
貫目、尤少々宛
用捨可有之歟、
本乗物一挺六人、
山駕籠壱挺四
 
  (改頁)
 
人掛、分持壱人者
五貫目、其外貫
目之軽重者、一人
五貫匁之積を以、
継合候事御大法也、
 
  (改頁)      画像12
 
平生重御公儀様
御領私領之御代官
を奉敬可顧身之分
限を、家之造作者丸太
を以掘立、大壁縄
 
  (改頁)
 
□床者簀子撹、
屋根者草茅葺、
迫門門埒垣開閉
之〆、格子蓮子敷
居戸障子者古物を
 
  (改頁)      画像13
 
用、鋪物者莞莚
蒲席□藁藉
縁取珍客之節者
備後表、減奢可
着麁服、織木綿
 
  (改頁)
 
道具者撹車唐弓
同弦糸車紡錘糸
巻□〓《カセ》綜杭筬
同框杼管高機
下機等也、常々之
 
  (改頁)      画像14
 
糧ニ者、岡穂唐米
麦挽割秕米粉
割陣蒼米迄も扱
熟搗搓、精随分
大切ニ表粮仕込置
 
  (改頁)
 
飢饉之節不渇様之
心得第一也、茶菓
子者麦焦〓《ヤキ》米を
以転心、客人ニ者
餅或温飩或蕎麦
 
  (改頁)      画像15
 
切池沼之魚茶園
之野菜手作之酒
ニ而饗応、野業之
隙ニ者木樵落葉撹、
草履草鞋作之、
 
  (改頁)
 
草藁粟稗売者稲
村茅巻ニ而拘之、葭山
芦原荻薄秣場之 
枯草迄刈取、牛馬
飼料之粮可用、扨又
 
  (改頁)      画像16
 
牛馬之馬喰牛ハ□
二才□三才□四才
□五才□六才、馬者
□一才駒二才□三
才□四才等也、名所
 
  (改頁)
 
古跡古戦場内海
荒海潟江入江湊塩
濱者可用古法之例、如
此其道々を弁知、猥
不切山林之竹木不掠
 
  (改頁)      画像17
 
人之地、不致隠田、正
直第一之輩者、終
子孫永成富貴繁
昌之家、仏神之叶
冥加事、不可有疑、
 
 
 
  (改頁)
 
依而如件、
 作者浪花禿菷子
于時明和八歳辛卯仲秋吉辰
 
此一冊ハ農家童子乃為に新に綴て
版行して、猶亦文字を改て仮名を正し読に
易く、学で益あり、実に農家の宝也云爾、
 武江書肆          
     御江戸馬喰町二丁目   
西村屋與八求板