NPO長野県図書館等協働機構 信州地域史料アーカイブ

7.教育、人物・伝記

■幕末の先覚者赤松小三郎と実母宛書簡 [解説] 

063


 
 赤松小三郎と実父芦田勘兵衛や兄芦田柔太郎との手紙のやり取りは多く残されているが、母志賀への貴重な手紙が本文である。
 慶応2年(1866)5月28日、実父芦田勘兵衛がこの前月に死去、その葬儀のため上田へ帰った小三郎が再び江戸へ戻ってから母に出した手紙である。女性宛のため、女手紙の様式で書かれている。
 赤松小三郎の実母志賀は南条村鼠(坂城町)の坂田氏の出で、芦田勘兵衛の妻となり、明治11年(1878)77歳で没した。