NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ

7.教育、人物・伝記

「内藤家十五世紀」(十一)(藩校進徳館設置のこと)

[翻刻]

三月朔日大和守江戸ヲ発シ上州通り      画像1
同七日高遠城着、直ニ在着ノ御礼書差
出サル
三月二十六日金百五十両御金蔵エ上
納セラル
閏三月朔日万延ト改元
同月五日老中連署ノ奉書ヲ以明六日
 
  (改頁)
 
大和守ニ御用有之名代ノ者登城候様
達セラル
同月六日大和守名代内藤甚十郎登城
ノ処、御朱印ヲ賜ハル
同月十一日大和守駿河守ト改名、願書使者ヲ以テ老中エ
差出シ候処、即日聞届ケラル
同月九日松平右京亮宅エ留守居御呼出
シ御領知目録ヲ渡サル
駿河守初テ帰城スルヤ、老職ト議シテ
日我藩天山以来文武隆盛ナラサルニ非スト雖モ、未タ
 
  (改頁)      画像2 画像3
 
【(付箋) 学校演武場ノ備アラス
     是迄藩士ニシテ学者ト称スルモノ各自宅ニ於テ、近
     傍ノ子弟ヲ召集シ読書筆学ヲ教授シ、自ラ経史ノ講義
     ヲナシ、優等生徒ニ輪講ヲナサシム
     凡興国ノ基礎成】
学校演武場ノ制アラス、凡興国ノ基礎
ハ藩士ヲ養成スルニアリ、藩士ヲ養生
スルハ文武ヲ奨励スルヨリ先ナルハ
ナシト、是ニ於テ断然意ヲ決シ三月二十
八日老職岡野小平治ニ文武惣裁ヲ命
シ、郭内三ノ丸住居ノ内藤某ヲ他ニ移
シ、其邸宅ヲ以テ文武場トナシ、之ヲ進
徳館ト称シ各所散在ノ文武場ヲ尽リ
合一ニシ以テ子弟ヲ養成セント期ス
是日文武師範ヲ命スル左ノ如シ
 
  (改頁)
 
【(付箋)進徳館開設以前高遠藩士学術有様ヲ御略記アリタシ】
  文学師範   中村中蔵
  同      海野喜左衛門
  筆学師範   荒木兵蔵
  同      浅利力太
  同      奥谷源左衛門
  弓術師範   野木要人
  同      岡野宗八郎
  馬術師範   原 三平
  同      高田重四郎
調馬場ハ郭内二ノ丸郭外、外馬場小原
 
  (改頁)      画像4
 
村桜馬場ノ三ケ所アリ、館中ニ列セス
  鎗術師範   菅沼伝一郎
  釼術師範   大矢貫治
  砲術師範   阪本孫四郎
  同      北原所左衛門
  同      栗栖新弥
発砲所花畑大北村日影林六道原城山
ノ各所ニアリ、館中ニ列セス
  軍学師範   藁科勘左衛門
  体術師範   小嶋治左衛門
 
  (改頁)
 
  荒木流師範  伊藤文左衛門
又文武俊秀ナル者ヲ選抜シ、助教及ヒ
世話掛リヲ命ス
駿河守老職以下群臣ヲ率ヒ進徳館エ臨
ミ、開場ノ式ヲ挙ケ藩士ニ達シテ曰ク、
文武場立遣シ度前代ヨリノ志願ヲ継
キ、今度三ノ丸ニ文武場ヲ設ケ、夫々師
範ヲ申付ル趣意ハ、藩士ヲシテ孝悌忠
臣ノ道ヲ主トシ、儒学ノ本意ヲ失ハス
実学専一ニ心掛ル様ニトノ誠心ニ付、
 
  (改頁)      画像5
 
何レモ篤ト相弁ヘ、格別ニ勉強致シ平
常ノ進退モ礼儀ヲ正フスヘシ、少年ノ
輩ハ勿論年立候者共、往々有用ノ人才
ヲ成立シ度存スル間、当今ハ経学専務
ニ講習シ、其他ハ人々ノ才力ニ応シ、諸
子歴史等モ博ク相学ヒ、詩賦文章迄モ
研究有之度、又国家有事ノ日何時出陣
モ難計候間、平常武術練磨其際武功ヲ立テ、
藩名ヲ穢カシメサル様心掛可申候
進徳館中聖廟ヲ設ケ聖像ヲ安置シ配
 
  (改頁)
 
スルニ顔曽思孟ノ像ヲ以テシ、春秋ニ
仲釈尊ヲ行ヒ駿河守群臣ヲ率ヒ参拝
シ、且封内外ノ人民ニ参拝セシメ神酒
赤飯ヲ与フ
進徳館中一月数次中村中蔵海野喜左
衛門ニ経書ヲ講義セシメ、親臨聴聞セラレル、又
屡演武場ニ臨ミ藩士ノ武術ヲ覧観セ
ラル
進徳館中学規及生徒訓條諸則
 一文武忠孝ノ道懈ル可ラサル事
 
  (改頁)      画像6
 
 一朋友ノ交ハ信義ヲ失フ可ラサル
  事
 一長者ヲ敬ヒ幼者ヲイツクシムヘ
  キ事
 一言語ヲ慎ミ行儀ヲ正フスヘキ事
 一政務ヲ批評致スマシキ事
 一流言ヲ聞彼是評議致ス間敷事
 一師弟ノ間親愛ヲ主トスヘキ事
 一貴賤ヲ是非シ人物ヲ可否致間敷
  事
 
  (改頁)
 
 一実学専一ニ心掛ケヘキ事
 一課程ヲ定メ相互ニ励ムヘキ事
 一互ニ流派ヲ争フ間敷事
 一書生信実ニ切磋可致事
 一教授方ノ指揮ヲ違背ス可ラサル 
  事
 一書籍素疎略ニ取扱フ間敷事
 一火之元別テ念入レヘキ事
 一手習卒尓ニ臨写スヘカラサル事
 一習礼方ノ教平日忘ルヘカラサル
 
  (改頁)      画像7
 
  事
 一席次混雑ス可ラサル事
 一贔屓偏頗ノ取扱スヘカラサル事
 一無益ノ雑話スヘカラサル事
  右ノ條々相互ニ可確守者也
  申三月
進徳館中席次年長者ヲ以テ上トナス
駿河守蔵書六千六百三十余部ヲ出シ
是ヲ進徳館ニ付ス