NPO長野県図書館等協働機構 信州地域史料アーカイブ

6.行政、政治等の記録

■分県之建白 [翻刻] 

      松尾千振      画像1
      小里頼永
      森本省一郎
 
   分県之建白        画像2
長野県管下信濃国東筑摩郡外六
郡百四拾ケ村有志人民総代松尾千振・
小里頼永・森本省一郎、謹ンテ書ヲ元老
院議長大木伯ノ閣下ニ上ツル、我信濃ノ
地タルヤ中山道ノ東北ニ位セル大国ニシテ、東
西直経四拾三里、南北直経五拾四里、郡数
十六、人口百〇六万ニ達シ、面積ノ広キ戸ロノ
稠キ皇国中又殆ント其比ヲ見ス、明治元
年伊那県・名古屋藩取締所及ヒ十四
 
  (改頁)          画像3
 
藩・一預所・五支配所ノ統治スル所タリ、同二
年伊那県及十三藩トナリ、同三年伊那県
ノ外更ニ中野県ヲ置カル、他ノ十三藩庁
前年ノ如シ、同四年六月中野県ヲ廃シテ
長野県ヲ置カル、殊ニ十三藩ノ中竜岡
藩ヲ併合ス、同年七月先キノ十二番ヲ廃
シテ十二県トシ、十一月更ニ十二県及ヒ伊那
県ヲ廃シテ長野県ノ管地ヲ拡メ、且新
ニ筑摩県ヲ置ク、当時管治スル所ノ者
長野県ニ在テハ今日ノ南北佐久・小県・更
 
  (改頁)
 
級・埴科・上下高井・上下水内ノ九郡ニシテ、筑
摩県ニ在テハ今日ノ東西筑摩・南北安曇・
上下伊那・諏訪ノ七郡及ヒ飛弾(ママ)国一円タ
リ、然ルニ明治九年八月筑摩県ハ廃セラレ
テ飛弾(ママ)国ハ分離シ東筑摩郡以下六郡
此時ヲ以テ長野県ノ管轄ニ属シ、千振等
ノ嘆息実ニ名状スヘカラサル者アリ、然レトモ法令
ノ厳粛ナル之ヲ分疏スルニ途ナク唯命維服ス
ルニ至ル、爾来歳月荏苒数裘葛ヲ閲スルモ廃
庁ノ感夢寐ノ間ニ往来シ痛慨ノ情禁スル能
 
  (改頁)          画像4
 
ハス、去ル明治十五年七月七郡ノ人民一和昂
起シテ分県置庁ノ説ヲ唱ヘ、総代者丸山
英一郎・村上伝五郎ノ両人ヲシテ出京セシメ、
請願建白ノ二書ヲ呈シテ哀訴泣願シ恩
命ノ下ルヲ待ツ、一日千秋ノ思ヒアリシニ建白功ナク
請願終ニ拒絶セラレ、七郡人民ノ宿願モ茲ニ
至テ全ク水泡トナリ痛嘆措ク所ヲ知ラス、蓋
シ大政府ノ意タル国庫ノ支出ヲ節シ府県
ノ区域ヲ拡ムルカ故ニ事ノ茲ニ至レル者カ、抑モ亦
事情ノ已ムヲ得サル者アルニ依ルカ、当時七
 
  (改頁)
 
郡人民等ハ既ニ依ルヘキノ門鎖シ訴フヘキノ路絶
ヘ快欝ノ間空シク時日ヲ経過シ、唯大政府ノ
方針ヲ窺ヒ万一ヲ僥倖スルノ外又策ノ出ツ
ヘキ者ナシ、爾来政令ノ県治ニ於ケル其一斑ヲ
想像スルニ、間々県域ノ狭少トナリ国庫経費
ノ増加ヲ来ス事アルモ、民情ノ背戻シ地勢ノ懸
隔シ経済ノ絶違セルモノアレハ、断然之ヲ分割セ
ラレテ殊ニ一県ヲ設ケラルヽ者ノ如シ、今其二、三ヲ
挙ケンニ、遠クハ島根ノ鳥取ニ於ケル、高知ノ徳
島ニ於ケル、石川ノ富山・福井ニ於ケルノ証アリ、近
 
  (改頁)          画像5
 
クハ愛媛ノ香川ニ於ケル、大阪ノ奈良ニ於ケルカ
如キノ例アリ、凡ソ是等ノ者各県各異ノ事
情アルヘシト雖モ、帰スル所前陳ノ理由ニ基カサ
ル者ナカルヘシ、千振等ノ想像ニシテ果シテ大過
ナキ者卜為セハ、再ヒ茲ニ分県ヲ請ヒ恩命ヲ
仰カントスルモ敢テ又故ナキニ非ルヘシ、今ヤ大政
府ハ力ヲ地方自治ノ事ニ尽シ、市町村制ハ
既ニ実施ノ緒ヲ開キ、府県郡制将ニ発布セ
ラレントス、千振等此機ニ際シ請願ヲ為ス所以
ノ者誠ニ其情ノ黙シテ已ム能ハサルニ依ル、乞フ
 
  (改頁)
 
茲ニ其理由ヲ陳ヘン、
夫レ信濃ハ皇国ノ梁脊ニシテ峰巒重畳四
境ヲ囲繞シ、其脈分レテ域内ニ入リ綿亙スル者
アリ峙立スル者アリ、或ハ数郡ニ跨リ或ハ一郡ヲ
劃断シ山状限リナシト雖モ、其尤モ大ナル者ハ
東南ヨリ西北ニ延ヒタル一山脈ニシテ、甲斐ノ境ナル
八ケ岳ヨリ起リ蜿蜒斜メニ延テ国ノ中央ヲ貫
キ越後ノ境ナル小網嶺ノ山脈ニ合ス、故ニ本国
ノ地ヤ外面ヨリ之ヲ評セハ、壺中ノ一夭地ナリト雖
モ、内部ニ就テ之ヲ観察セハ此一帯ノ大山脈ハ
 
  (改頁)          画像6
 
自カラ二個殊別ノ国土ヲ形画スル者ニシテ、之レヲ
分テ南部北部トナス、北部ハ北ヨリ東ニ延ヒテ上
水内郡以下八郡ヲ包含シ、南部ハ西ヨリ南ニ開
テ東筑摩郡以下六郡ヲ含有ス、蓋シ南北両
部ノ相分ルヽヤ天然ノ形勢ニ依テ然ルモノニシテ、
其間隔絶乖離ノ状態ヲ呈スルモ亦深
ク怪ムニ足ラス、是レ分県ヲ請フノ理由第一也、
地形異ナルノ地ハ人情ノ相背戻違離スル事固
ヨリ論ヲ待タス、往古ノ事ハ措テ問ハス今目前ニ
 
  (改頁)
 
就テ之ヲ例セン、夫レ県会ハ県民思想ノ代表
場ナレハ、其言論ノ模様ニ徴シ以テ一般人民
ノ気質ヲトシ人情ノ傾向如何ヲ察スルニ足ル
可シ、我長野県会ヲ見ルニ其創始以来南
北両部議員ノ間思想常ニ一致セス、決議
往々公平ヲ失ヒ、南部ノ利セントスル者ハ北部間
々之ニ背キ、北部ノ益セントスル者ハ南部往々
之ニ違ヒ、暗々ノ裡相睥睨シテ已マサル者アリ、
是ヲ以テ南北附帯ノ事件ヲ除クノ外其決
議ノ好結果ヲ奏スル事尤モ少ク、動モスレハ必要
 
  (改頁)          画像7
 
急務ノ議按ニシテ支離滅裂、理事者ヲシテ意
外ノ吃驚ヲ為サシムル者アルニ至ル、局外ヨリ之ヲ
見レハ大ニ笑フヘキカ如シト雖モ、其実状勢ノ已
ム可カラサル者アリ、議員等敢テ公平ノ意ナキ
ニ非ス、意アツテ施ス能ハサル者ハ思想ノ一致セサ
ルニ依ル、議員等敢テ思想ノ一致セサルニアラス、
期シテ行ハレサル者ハ人情ノ相背戻スルニ依ル、
是ヲ以テ今南北両部ヲシテ同一県治ノ下ニ
置カシメンカ、凌轢日ヲ逐テ重ナリ決議紛レ、
事業破レ其極県民ノ不幸ヲ来スニ至
 
  (改頁)
 
ラン、嗚呼県会ニ於テスラ猶斯ノ如キノ傾キ
アリ、一般人民ノ趨勢推シテ知ルヘシ、是レ分県
ヲ請フノ理由第二也、
且夫レ長野県庁ノ位置ハ北部上水内郡ノ
長野町ニアリ、抑モ長野ノ地タルヤ国中辺陬ノ
一仏地ニシテ、北越後ノ国境ヲ離ルヽ僅カニ七里
余、南三河ノ国境ヲ隔ツル殆ント五十里余ニ及
フ、蓋シ斯ノ如キノ差アルモノ各県未タ其例ヲ見
ス、故ニ南部人民ヲシテ県庁ニ至ルヤ近キ者モ一
日程ヲ費シ、其最モ遠キ者ハ五日程ヲ要
 
  (改頁)          画像8
 
シ、加フルニ道路嶮悪ニシテ行歩極メテ艱難ナル
者アリ、縦令南北ノ間早晩明通越ノ嶮洞通
シ[南部東筑摩郡ヨリ北部小県郡ニ達スル路
ニシテ既ニ其工事ニ着手ス]高府通ノ路改修セ
ラルヽモ[南部北安曇郡ヨリ北部上水内郡ニ達ス
ルノ路ニシテ将ニ其工事ニ着手セントス〕、深山大
沢ノ裡豈積雪ノ路ヲ埋メ行ヲ塞ク者ナカラン
ヤ、然ルニ翻テ北部ノ道路ヲ見ルニ路線多クハ
一貫シ、啻ニ平坦ナルノミナラス鉄道既ニ東ヨリ
北ニ通スルヲ以テ汽笛一声転瞬ノ間京ニ上
 
  (改頁)
 
ルヘク越ニ入ルヘク、行通尤モ自在ニシテ各郡ノ県
庁ニ於ケル尚ホ睫前ニ在ルカ如シ、是ヲ南部
ニ比スルニ其差霄壤モ亦啻ナラス、然テハ則チ
之ヲシテ中央ノ地ニ引カシメンカ、是云フヘクシテ
行フヘカラス、七郡人民等ハ涙ヲ呑ンテ辺陬
ニ往来ス、其不便果シテ如何ンヤ、是レ分
県ヲ請フノ理由第三也、
凡ソ事遠キニ疎ク近キニ精シキハ自然ノ理
ニシテ、遠近其平衡ヲ得ルハ到底為シ得
ヘカラサル者ナリ、今夫レ一方僻遠ノ地ニ居リ
 
  (改頁)          画像9
 
他方遠隔ノ地ヲ御セントスル、縦令ヒ公明ノ理事
者アリテ完美ノ法律ヲ施スト雖モ、其治蹟ニ
多少ノ精粗ヲ来スハ免ル可カラサルノ数也、夫
レ斯ノ如クナルヲ以テ、県庁ニ近キモノハ其誘掖
勧諭ヲ受ケ易ク、其遠キ者ハ薫陶監護
ニ遇ヒ難ク、南北ノ間不知不識事業ノ懸
隔ヲナス者アリ、是レ有形ノ事業ニ於テ見ル
所ニシテ真ニ慨嘆ニ堪ヘサル者アリ、是レ分
県ヲ請フノ理由第四也、
地価一定セサレハ税額ノ不平均ヲ生スルハ固ヨ
 
  (改頁)
 
リ見易キノ道理ニシテ、今其南北両部ノ地価
ヲ対照スルニ、北部ハ収獲ノ高ニ比シテ地価廉
ニ、南部ハ概シテ之ニ反対セル者ノ如シ、故ニ単ニ
地価ノ一点ニ基キ之カ平均ヲ為セハ南北隔絶
ノ差少シト雖モ、其収獲ニ憑テ之ヲ推セハ甚タ
平均ヲ得サル者アリ、故ニ課税ノ際地価ニ於
テ南北権衡ヲ失シ畢竟彼ニ益シテ我ニ
損スルニ至ル、之ヲシテ平均ナラシムルハ容易ニ為
シ得ヘキノ事ニ非ス、果シテ為シ得ヘカラサル者
ト為ンカ、課税上隔遠ノ差ヲ為ス者ニシテ到
 
  (改頁)          画像10
 
底同一治下ニ立テ其負担ヲ受ルニ忍ヒス、是レ
分県ヲ請フ理由第五也、
以上陳フルカ如クナルヲ以テ、千振等カ殊ニ茲ニ請
願スル者真ニ已ムヲ得サルノ情勢アルニ依ル、今
信濃ノ中之ヲ分割シテ二県ヲ置カンカ我南
部七郡ハ其県域狭少ナルカ如シト雖モ、人口面
積反別等ハ、之ヲ山梨・鳥取・宮崎・青森等
ノ諸県ニ比スルニ敢テ劣レルニ非ス、果シテ然
ラハ一県ヲ組成スルニ於テ又何ノ難キ事カア
ラン、伏シテ願クハ閣下南部七郡ノ情勢ヲ
 
  (改頁)
 
察シ、千振等人民ノ微衷ヲ憐ミ長野県ヲ
割テ特ニ松本ニ一県ヲ置カレン事ヲ、幸ニ分
県ノ恩命ヲ得ハ民ニ凌轢ノ恐レナク事ニ 
牴牾ノ跡ヲ見ス、理事ノ法依テ以テ滑カニ自
治ノ精神依テ以テ起リ、独リ我南部七郡人
民ノ栄ノミナラス又信濃ノ幸卜云フヘシ、則ハチ
信濃南北両部一覧表及ヒ地図卜委任
状ノ写本ヲ副へ謹テ具状ス、閣下幸ニ採納
ヲ賜へ、書言ヲ尽サス言意ヲ尽サス、千振
等恐惶頓首
 
  (改頁)          画像11
 
  明治二十二年九月廿六日
    長野県東筑摩郡外六郡百四拾ケ村壱万
    弐千〇一人総代
                  東筑摩郡松本町三百七拾二番地 士族
                            小里頼永(印)
                             三十四年五ケ月
                  下伊那郡神稲村三百九拾七番地 平民
                            松尾千振(印)
                             三十五年七ケ月
                  南安曇郡梓村二百二番地 平民
                            森本省一郎
                             三十八年一ケ月
 
  (改頁)
 
元老院議長伯爵 大木喬任殿