NPO長野県図書館等協働機構 信州地域史料アーカイブ

5.繁盛記、社史、産業の記録

■諏訪の製糸業 附 金融機関 [ルビ注記] 

諏訪の製糸業      画像1
      附 金融機関
 
  (改頁)      画像3
 
山嶽四周を囲み交通不便を極めたる諏
訪の地何に因りてか製糸業は勃興した
る其創始以来の歴史は如何其現況は如
何然して又之れが補助機関たる銀行業
倉庫業及び乾繭業は如何是等幾多の質
問に対して明快なる即答を与ふるもの
は此小冊子なり述へ得て詳密ならすと
雖も頼て以て諏訪製糸業なるものゝ概
念を得るに庶幾(こいねがう)からん歟(や)  著 者 識
 
  (改頁)      画像7
 
諏訪の製糸業  附 金融機関
 
   ●諏訪の地勢
 諏訪郡の地、八ヶ岳・蓼科・和田・塩尻・守屋・釜無の諸山
を以て囲繞(いじょう:かこいめぐらすこと)せられ、東南八ヶ岳の麓は高原をなし、西
北低き処水を湛へて諏訪湖をなす。其水面は海抜七
百八十米突、周囲四里二十丁、流れて天龍川となる。風
景明媚(めいび)、湖光山色、天然の好画図なり。冬季湖面氷結し
厚きこと尺余、神渡の伝説ありて能く人馬の来往に
堪へ、近者氷滑戯(スケート)漸く盛なり。夏は冷涼暑を避くべし。
上諏訪町・下諏訪町には温泉ありて四時共に浴に適
し、又官幤中社諏訪神社上社(中州村字神宮寺)同下社
 
  (改頁)      画像8
 
(下諏訪町)の名祠(めいし)あり。是を以て遠近の人士来り遊ぶ
もの常に夥し。
 湖の北より西に亘り、湖岸及び天龍川に沿ひ、中央
線鉄道岡谷駅を中心として、之を囲繞せる平野・川岸・
長地・湊の諸村及び下諏訪駅所在地の下諏訪町を製
糸業地とし、中に就て最盛なるを平野・川岸二村とす。
 郡の面積六十四方里、町村数二十四、戸数一万八干
余、人口十万一干余、郡役所は上諏訪町に在り。
 
 
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
         万 葉 集
     たらちねの母がかふこの繭ごもり
          いぶせくもあるか妹に逢はずて
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
  (改頁)
 
   ●維新前の産業状態
 遠き神代に於て、建御名方命(たてみなかたのみこと)が武甕槌(たけみかづち)・経津主(ふつぬし)の二
神に逐はれて此地に来り、復他に出でざるべきを誓
ひ茲に留り給ひてより、中世、信濃国を割きて洲羽国
とし、又罪人配流の地と定められたるが如き、如何に
此地の偏僻なりしかを知るに足らん。降りて高島(今
の上諏訪)藩主諏訪侯の所領となるや、藩土狭小にし
て財政裕ならず、収歛(しゅうれん)従て巌酷なりしが上に、会中仙
道の要路に当り、和田嶺・塩尻嶺二嶮の間に夾(はさ)まり、人
馬継立の為め其住民は常に過多の労役を課せられ、
而も耕地少く天産の乏しきに苦みたる彼等は、農業
以外種々の副業を求めざるを得ざりき。是に於てか
 
  (改頁)      画像9
 
 一は 酒造の杜氏又は其労働者となり、或は軽子
 と称し江戸に出でゝ荷造等の労役に服するもの
 にして、多くは八ヶ岳及び和田嶺(とうげ)山麓の民より出
 で。
 二は 大森海苔を各地に行商するものにして、中
 筋と称する諏訪湖南岸のもの之を営み、今尚之を
 業とするもの多し。
 三は 鋸の製造販売にして、山裏と称する八ヶ岳
 の麓にある人民より出でゝ、遠く関東・奥羽各地に
 販売す。現時其販路更に拡張し、北海道・樺太・朝鮮・満
 洲に及ぶ。
 四は 綿打及び綿の販売にして、湖の西北岸即ち
 平野村・川岸村の農民等、濃・参・遠・甲各州より輸致せ
 
  (改頁)
 
 られたる原綿に加工し、筑摩・佐久・小県諸郡より上
 州地方まで行商したり。現今製糸家の大なるもの
 にして、此綿商より出でたるもの多し。
其他或は湖上貨物を運送し、魚貝を漁撈し、或は山に
薪を採り、果を拾ふに過ぎず。斯く天然と人為とに虐
待せられて不幸の境遇に生活せる人民が、其勤勉忍
耐の気風を馴致(じゅんち:なじむ)したるは素より自然の勢にして、彼
等が労役に堪ふるの精力と、節倹にして志操の堅実
なると、敢為の気象に富めるとは真に驚くべきもの
あり。本郡製糸業の今日の隆運を見るに至りしもの、
其原因主として茲に存す。加ふるに古来繭の生産あ
りて子女は座繰製糸に熟練し、且水質純良にして水
力利用の便あり、又土地高燥にして繭の貯蔵に適す
 
  (改頁)      画像10
 
るにより、金利の高き、運輸の困難なる、燃料・食料・女工
の乏しき等夥多の不利不便ありしに拘らず、漸次斯
業の発達を見るに至りたるもの良に以あるなり。
 
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
        沸湯波湧雪 蚕熟攤糸時
    題綴糸図             大窪詩仏
        若問相思切 長於綴出糸
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
  (改頁)
 
   ●製糸業の沿革及び現状
 本郡に製糸業の起りしは今より百年前寛政の初
年に在り。即ち極めて簡単なる繰車により、光沢悪し
く纎度整はざる手引の提糸(さげいと)を製造し、京都・岐阜・長浜
等の織物産地に供給したるを始とす。之を[ノボセ」糸
と称したるは上方に[ノボセル]の謂(いう)なり。
 安政五年海外貿易の開始せらるゝや、翌年九月平
野村林善左衛門、横浜商人の手を経て之を外人に売
渡せるを生糸貿易の濫觴(らんしょう:起源)とし、是より生糸商業此地
に起り、上田が北信に於て生糸商業の中心となりし
が如く、諏訪は南信に於ける生糸の集散地となれり。
尋(つい)で平野村林源次郎・清水久左衛門、上州伊勢崎より
 
  (改頁)      画像11
 
座繰器械を携へ来り、是より製糸業漸く盛なり。然れ
ども尚家内工業として―傭入せる僅少の飛騨人
の外―農商の妻嬢の副業たるに過ぎざりき。降り
て明治六年東京の豪商小野善助、範を伊太利(いたりー)式に取
り百釜の器械製糸場を上諏訪に建設す。之を本県に
於ける器械製糸の嚆矢(こうし)とす。八年武居代次郎の中山
社工場を平野村に設けてより器械製糸業は俄に勃
興し、九年白鶴(はっかく)社・鳶湖(がこ)社、十年山本社、十一年に開明社・
皇運社組織せられ、白鶴社の傭聘(ようへい:礼をつくしてやとう)したる旧勸農局技
術生中野健次郎に依り製造法に改良を加へられ、十
二年開明社員片倉角左衛門陶器鍋を発明し、為めに
生糸は天然の光沢を損せず且糸量を増し、以て事業
の利盆を増進したり。十四年白鶴社率先して品質の
 
  (改頁)
 
審査を厳にして之が精粗均一を図り、大に諏訪生糸
の声価を高めたり。同年横浜内外商間の確執より取
引中止せられて糸価暴落し、製糸家の損失多大にし
て斯業に一大頓挫を来さんとせしが、堅忍不撓(ふとう:困難に屈しない)なる
当業者の精力は能く頽勢を挽回し、十七年開明社に
於て共同揚返場を設けて製品に改良を施しゝより
忽ち各社の傚(なら)ふ所となり、原料の需要増加して従来
仰ぎ来りし甲州・信州の産繭のみに甘んずること能
はず、十八年進んで之を上州・武州に求め、二十一年信
越線鉄道碓氷嶺を除くの外開通し、生繭運搬の困難
漸く減じたるにより、関東各地に原料を求むるもの
益々増加せり。二十四年龍上館始めて其工場に汽機
を試用したりしが、二十五年より之に傚ふもの漸く
 
  (改頁)      画像12
 
多し。同年の事業は多額の利益を得たるにより、全部
八千余釜のもの翌年は一躍して一万九百余釜に達
し、其翌年碓氷嶺の鉄道貫通して交通の障碍除却せ
らるゝや、関東・東海・東北各地の産繭は諏訪製糸の原
料として其大部分を吸収せられ、更に清国に航して其
産繭を購入せるものあり。彼等は又諏訪の交通の不
便、冬時の厳寒、薪炭の欠乏に顧み、明治三十一年片倉
佐一・小口伝吉が共同して武州千駄谷に三十釜の工
場を設けたるを始とし、富国館・開国館相次で深谷に
新設せられ、爾来上野国(こうずけのくに)(群馬県前橋市)・武蔵国(むさしのくに)(東京都府中市)・常陸国(ひたちのくに)(茨城県石岡市)・総国(ふさのくに)(千葉県)より遠く仙台・徳島に分工
場を設けたり。三十八年十一月中央東線鉄道岡谷迄
開通し、三十九年六月塩尻・岡谷間開通す。本郡製糸家
が従来利用したる鉄道線路迄の最近距線は、篠井線
 
  (改頁)
 
開通前に在ては和田の嶮を経て大屋に至る迄十数
里の間、並に篠井線開通後と雖も塩尻に至る迄数里
の間は、孰(いず)れも山路の輸送に依らざるべからざりし
を以て尚至大の不便ありしが、此に到て原料・食料・燃
料の輸入、製品の輸出、一層容易且迅速なるを得、運賃
保険料低落し、工男女募集の困難減ぜられしかば、彼
等は其郷土に於て事業を拡張したるのみならず、関
東及び東北方面に発展を試み、三十八年より四十年
に於て十工場二千五百余釡を新設し、且既設の工場
を拡張し、同時に原料を中国に、四国に、九州に求め、苟
も蚕兒の飼育せらるゝ処、其足跡を印せざるの地な
し。四十四年五月中央線鉄道全通し、関西との交通運
輸は東海道を迂回するを免れたり。其甞て東に施し
 
  (改頁)      画像13
 
たるもの、奚(な)んぞ之を西に行はざらんや。其将に全通
の近づくを見るや、片倉組・《ヤマジュ》組・林組孰れも愛知県に
分工場を建設したり、其釜数同年夏挽に於て千百余
釜に達せり。試(ためし)に諏訪人が、其郷土及び郷土以外に於
て有する器械製糸工場の釜数を示さば(明治四十四年六月現在)
【釜数は原本ビューワ参照】
 
  (改頁)
 
 合計実に三万六千四百三十九釜にして、之に依り
て一ヶ年間に産出する生糸は約八万個(一個約九貫
目:三三.七五キログラム)に達すべく、其価格百斤(きん:六〇〇キログラム)九百円と仮定すれば、四千
三百万円を超ゆべきなり。
  中央線全通が関西岡谷間の運輸上に及ぼす影響 名古屋より
  岡谷まで東海道を迂回せし従来の哩(り)程三四四哩(約三万六四六五キロメートル)一なりしもの、
  中央線に拠るときは一二五哩七(約一万三三二四キロメートル)に短縮し、前者の生繭運賃貸切
  扱七噸(とん)(七〇〇〇キログラム)に付き七拾弐円四拾五銭なりしもの、後者は弐拾六円四
  拾六銭に減ぜられ、中国より積出したる貨物も、二日又は三日に
  して其着荷を見るべし。
 
 諏訪製糸業者は概ね自ら称するに何社、何館を以
てし、或は何組と称するもの亦少からずと雖も、合名
合資又は株式組織より成れるもの四五社を除くの
 
  (改頁)      画像14
 
外は、一個人の単独事業又は数人者の匿名組合に成
り、社名、館名は其商号又は製品の銘柄たるに過ぎず。
而(しこう)して各自に揚返場を有するものあり、或は多数工
場主が共同して揚返、荷造をなすものあり。其揚返場
に於て一定の揚返をなし、繊度・品位・重量の検査を行
ひ、等級を分け、之に相当する商標を附し、横浜に輸送
するものなり。従て共同揚返によりて荷造せられた
るものは、揚返以後の費用のみ共同分担となり、其主
たる事業の損益は、各人個々の計算に属するものな
り。
 右多数の工場中には、中等繭又は玉繭を用ゐて内
地用の製糸を業とするものあり。桐生・足利・八王子・西
陣・長浜・栃尾・金沢・小松其他各機業地に向ひて多額の
 
  (改頁)
 
製品を供給し、又生皮苧(きびそ)(蚕が繭を作る際に最初に吐き出す糸、太くて硬いことから繊維として生糸に使われる)・デニール糸・蛹(さなぎ)等の製糸副産
物を処理し、横浜其他に移出するの工場商売亦少か
らずとす。
 
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
      小麦青々大麦黄、原頭日出天色凉、
      姑婦相呼有忙事、舍後煮繭門前香、』
  繰糸行                  宋范成大
      繰車曹々似風雨、繭厚糸長無断縷、
      今年那暇織服著、明日西門売糸去、
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
 
  (改頁)      画像15
 
   ●岡谷駅附近の盛観
 旅客若し諏訪に入らば、天龍川の右岸に方り、鉄道
線路に近接して製糸工場と倉庫と相櫛比し、烟突(えんとつ)林
立煤烟(ばいえん)天を蔽ふを見ん。之を平野・川岸の両村とす。之
に近接せる湊村を合せて三村の工場に要する工男
女二万三千余人、毎年六月の中旬夏挽(なつびき)製糸の開始期
に方り、工男女の岡谷に下車するもの連日数千人、各
地より輸送せらるゝ生繭の着駅するもの一日百車
の上に出づること十数日、四十三年六月其最も多か
りし日は一日百五十余車、(此個数一万六千本)其他
米穀・石炭・諸雑貨の着荷亦尠からず、其雑沓地方稀に
見る所なり。
 
  (改頁)
 
 一ヶ年間岡谷駅に着せる繭  四十三年に於て 三二〇、〇〇〇個
 同  上  米  穀    同         五、五〇〇噸
 同  上  石  炭    同        七二、〇〇〇噸
 同上積出したる生糸     同        五四、九〇〇個
 四十三年中に於て、岡谷に向けて繭の発送を取扱
ひたる駅の数二百にして、之を前年に比すれば二十
駅を増せりと云ふ。
 岡谷は 元岡谷村と称せしが、明治七年小口・小井川・今井と合併
 して今平野村の一部たり。平野村は四十三年四月一日現在戸数
 千九百五十五、人口一万三千五百十、之を明治二十九年十二月末
 日の現在戸数千三百五十四、人口七千二百九十に比すれば六百
 余戸、六千二百余人を増せり。此急激の増加は、謂ふ迄もなく製糸
 業の発達に伴へるものなり
 
  (改頁)      画像16
 
(備考)長野県下蚕糸業統計一斑
 ●桑園反別     (明治四十三年六月末日現在)
   反  別  四万六十一町一反
   見積反別  三千三百五町二反
   合 計   四万三千三百六十六町三反
 ●收 繭 額     (明治四十三年)
   春 蚕 繭 二十四万千百十八石  [飼育戸数十万七千三百六]
   夏 蚕 繭 十七万四千六百五十七石 [飼育戸数十万七百九十]
   秋 蚕  繭 十七万八百九十四石   [飼育戸数十一万九千八百十二]
   合 計   五十八万六千六百六十九石
 ●器械製糸工場  (明治四十三年五月末日現在)
   県内に在る工場数四百九十三、釜数四万七千四百五十七
   県外に県人の有する工場数二十七、釜数七千五百五十八
 
  (改頁)
 
 ●生糸産額    (明治四十二年)
  器械生糸  七十二万七千三百四十二貫目[九貫目を一個として計算すれば八万八百十五個なり]
  座繰生糸  二万七千百四十四貫目   [同上三千十六個なり]
右生糸産額は農商務省の統計にして、輸出用・内地用を総計せる
ものなれども、事実は遙に之より多額なるべし。今之を輸出品の
みに就て見るも、同年度各府県より横浜に入荷せる生糸の総額
は二十五万六千二百七十八個、内器械生糸二十一万五千三百八
十五個(一個は約九貫目)にして、其内長野県の出荷八万二千八百
九十三個(全部器械生糸)、即ち総額の三割二分に当たり、器械生糸
の総額に対しては三割八分を占む。然して県人が県外に有する
工場の同年の産額は正確なる統計を得難きも、之を約二万五千
個として前記県内の産額に合計し比算する時は、優に総額の四
割二分に当り、器械生糸のみの比較に於ては正に半額強を占む。
其内諏訪人が県内外に有する工場のみにて製出せる総額を約
七万個として計算すれば、横浜入荷総額の二割七分強、器械生糸
 
  (改頁)      画像17
 
総額の三割二分を占め、長野県人の総製造額の六割四分に当る。
想ふに四十三年度四十四年度の統計を得て之を比較対照せば
諏訪系統の産額歩合は更に一層の増加を見るべし。以て如何に
其生産力の旺盛なるかを知るに足らむ。
 
      ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
       いつまでか桑子の繭のいぶせさも
           心にのみはこめてすごさん
                    伴 蒿 蹊
      ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
  (改頁)
 
   ●銀 行
 諏訪製糸家に最も多くの資金を供給するものは
株式会社第十九銀行にして、岡谷に設置せる支店を
諏訪支店と称す。同行は明治十年十一月、第十九国立
銀行と称し小県郡上田町に創立せられたるものな
り。当時上田は著名なる生糸の集散地たりしを以て、
生糸に対する放資自ら多からざるを得ず、從て生糸
に関する万般の事情に精通したり。其後器械製糸業
の諏訪に起るや専ら之が資金を供給し、荷為替の便
を開くと共に運送保険業を慫慂(しょうよう:さそいすすめる)して運送の安全を
図り、大に斯業の発逹に尽す所あり。之が為め明治十
四年より、毎年夏期下諏訪町に臨時出張員を派遣し、
 
  (改頁)      画像18
 
年末まで同地に滞在して業務を取扱はしむるを例
とせり。然るに当時製糸業の基礎尚甚だ鞏固(きょうこ:しっかりとしてかたい)ならず、
往々挫折失敗を重ぬるものあり、加ふるに明治十七
八年経済界の非運に際会し、同行亦深甚の瘡痍(そうい:きず)を被
りしも、現頭取黒沢鷹次郎の起て専ら其任に当るに
及び、資金濫貸の弊に鑑み、当業者の性行・閲歴よりそ
の事業経営方法の適否・資力の厚薄を審(つまびら)かにし、極め
て堅実の方針を以て着々取引を拡張し、二十三年に
至り下諏訪町出張所の位置を製糸業の中心地たる
平野村字岡谷に移転し、三十年四月之を支店に改め、
爾後製糸業の進歩と共に行運益々隆昌を加へ、今や
基礎の強固なる製糸家にして同行と取引せざるも
の殆ど稀なり。今製糸業最盛時に於ける同行の営業
 
  (改頁)
 
状態の一斑を知らしめんが為め、明治四十三年八月
末日の貸借対照表を左に掲出す。
   XIX株式会社第十九銀行貸借対照表(明治四十三年八月三十一日現在)
     借    方             貸     方
            円                    円
 貸付金及貸越  四、五三八、九一〇・九一九  定期預金    二一六、〇三四・二二〇
 割引手形    四、六二一、六五九・二一〇  当座預金  一、一五四、〇三八・七九七
 荷為替手形     五二九、七二八・五五〇  小口当座預金  二八六、六八五・四四〇
 他店へ貸      一〇七、六八三・二八〇  貯蓄預金    三四一、五六七・七五〇
 払込未済資本金   三〇〇、〇〇〇・〇〇〇  諸預金   一、六六六、三三九・九四一
 国債証券      四五二、九一九・八五〇  借入金   二、七八〇、〇〇〇・〇〇〇
 所 有 物     一四七、四二一・五〇〇  再割引手形 二、〇三〇、〇〇〇・〇〇〇
 総 損 金      四三、〇五一・五六五  他店ヨリ借   一四三、九三四・六一〇
 金 銀 有 高   二〇六、一一一・一八一  資本金   一、五〇〇、〇〇〇・〇〇〇
                        諸積立金    七四〇、〇〇〇・〇〇〇
                        前期繰越金     一、五八一・八三〇
                        総 益 金    八七、三〇三・四六七
 合   計 一〇、九四七、四八六・〇五五   合  計  一〇、九四七、四八六・〇五五
 
  (改頁)      画像19
 
(備  考)
●最近一ヶ年間統計一班 (明治四十三年
 金銀出納総高    五八一、〇七六、八四六円  諸預り金総預高  三〇、七八〇、六三七円
 諸貸金総貸高     三三、八〇八、八二四  手形割引総高   二二、六六八、二五六
 荷為替取組総高    一二、二九七、一一六  送金為替仕向総高  五、三〇二、九五三
 
●現任役員
  取締役頭取 黒沢鷹次郎  常務取締役 飯島 保作  常務取締役 箕輪 五助
  取締役   辰野 基   取締役   片倉佐一
  監査役   茂木 保平  監査役   小口 善重  監査役   児玉彦助
●営業科目
  定 期 預 金   当 座 預 金   小口当座預金
  貯 蓄 預 金   貸  付  金   請手形割引
  送 金 為 替   荷  爲  替   代 金 取 立
●本支店為替取組先 七百七十三個所 (四十四年六月現在)
 
  (改頁)
 
●本支店所在地
 本  店  長野県小県郡上田町
 東京支店  東京市日本橋区堀江町    長野支店  長野県長野市大門町
 諏訪支店  長野県諏訪郡平野村岡谷   野沢支店  長野県南佐久郡野沢町
   上田町は 生糸・繭・蚕種及び上田縞其他の絹綿諸織物の主産
   地にして、器械製糸場亦多く、国立上田蚕糸専門学校・県立小県
   甲種蚕業学校等の設あり。真田幸村の古城趾を存す。
   長野市は 善光寺の大伽籃を有し、且長野県廰の所在地たり。
   附近に製糸工業地たる須坂町及び松代町あり。貨物並に旅客
   の出入甚だ盛なり。
   野沢町は 南北佐久郡の中心に位する商業地にして、繭・糸及
   び薬種人参の生産あり。叉附近各村に器械製糸工場多し。
 
       ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
          群山環抱儼成欄、中貯平湖青鏡寒、
       諏訪湖              僧六如
          君看芙蓉涵影処、天然玉女洗頭盆、
       ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
  (改頁)      画像20
 
   ●倉庫及び乾繭業
 我が信州は空気乾燥にして、生繭を人工乾燥を施
さずして能く貯蔵し得るを以て、乾燥業の尚幼稚な
りし往年に在りては、生繭の尽(ことごとく)之を貯蔵し、且工女は
能く生繭の繰糸に慣熟したるが故に、信州生糸の大
部分は、生繭若くは天然乾燥の繭を以て製出せられ
たりしなり。然して之が貯蔵の要求に応ぜんが為め、
信州に起りたる倉庫業の先駆者を、小県郡上田町に
設立せられたる上田倉庫株式会社とす。同社は明治
二十七年一月の創立に係り、貯繭用の倉庫及び繭乾
燥所を建設し、南佐久郡野沢町に支店を置き、営業次
第に隆昌を加へたり。同社創立以来、之に傚うて信州
 
  (改頁)
 
各地に同業の起るもの漸く多かりしも、独り製糸業
の最盛地たる岡谷附近に之が設け無く、製糸業者は
勿論、一般商工業者の不便一方ならざるものありき。
明治四十一年十一月、機漸く熟して茲に
 諏訪倉庫株式会社の創立 を見るに至れり。岡谷
停車場の東北数町の地に、三十余棟の建物の秩序よ
く整列せる一廓を其本店とす。四十三年四月、其歴史
目的及び営業状態を等しうせる上田倉庫株式会社
を併合し、上田・野沢両店を支店と為し、営業益々隆盛
を加へ、前途の発展将に刮目(かつもく:よく注意してみること)して見るべきものあら
んとす。
 同社現在資本金貳拾五万円(内払込高拾五万円)に
して、本支店所在地・所有倉庫・乾燥所及び役員氏名左
 
  (改頁)      画像21
 
の如し。
 諏訪倉庫株式会社 長野県諏訪郡平野村  (電話長一二〇番)
     岡谷停車場より約十町
 同  会社上田支店 長野県小県郡上田町 (電話 二○番)
     信越線上田停車場前
 同  会社野沢支店 長野県南佐久郡野沢町(電話 長一九番)
     信越線御代田駅より約三里、小諸駅より約三里半
   (支店所在地の商工業の概況は前項銀行の部に掲出せり)
 倉  庫 (平家建より五階建に至る)  三十三棟
    此倉坪六千三百七十五坪
 乾燥所(火熱式及び汽熱式)       五   棟
    此建坪六百九十坪  (一回收繭量約五百石)
 右の内平野村本店にあるもの
 
  (改頁)
 
   倉 庫 二十三棟 倉坪三千九百四十坪
   乾燥所 三  棟 建坪五百一坪(一回收繭量約三百十石)
             取締役社長  黒 沢 鷹 次 郎
             常務取締役  箕 輪  五 助
             同      高 橋  槇 蔵
             取締役    飯 島 保 作
             同      宮 坂 作 之 助
             監査役    宮 坂 伊 兵 衛
             同      児 玉  彦 助
             同      大 井  栄 作
             支 配 人  溝 口 多 門 司
 繭の殺蛹及び乾燥方法の良否は、糸質・糸量及び工
女の工程に甚大の影響を及ぼすものあるが故に、製
 
  (改頁)      画像22
 
糸家は常に多大の苦心を以て自ら之が作業をなさ
ざれば安んぜざるの状あり。蓋し乾繭の方法たる今
日尚甚だ幼稚にして、現在の各種の装置にありては
之を手加減の巧拙に待つこと多きを以て、特に細心
の注意と幾多の熟練とを要するものあり。諏訪倉庫
会社は之が作業に付き、範を多年の経験ある上田倉
庫会社に取り、其装置は、工学博士谷口直貞氏の考案
に成り、数次の実験を重ねて特許を得たる『諏訪式乾
燥装置』と称する火熱式にして、外に特殊の汽熱式及
び火熱式の装置を併用し、常に比較研究を行ひ、之が
成蹟は孰れも従来の各種の方法に比し遥に優良な
りとの好評を得たり。蓋し同社乾燥装置の、最も合理
的にしてよく在来の種々の欠点を補ひ得たると、其
 
  (改頁)
 
技術の熟練との致す所たらずんばあらず。
 同社の営業科目は貨物の保管・倉庫の賃貸・繭其他
の貨物の乾燥に在り。即ち同社は主として繭の乾燥
及び保管を為すの外、米穀・肥料其他各種の商品を保
管し、内外国数社の火災保険業者と特約して、一切の
寄託物を火災保険に附して其安全を図り、且寄託主
の要求に応じて質入証券及び預証券又は倉荷証券
を発行す。是等の証券は其貨物を代表する流通証券にして、之を以て其貨物を売渡し或は質入すること
を得べく、又同社は第十九銀行其他の銀行と特約し
て、其銀行の質物たる繭其他の諸貨物を保管す、之が
取扱手続極めて簡捷(かんしょう:てがるですばやきこと)なり。
 明治四十三年度同社寄託物の内、繭の入庫八万三
 
  (改頁)      画像23
 
千七百八十一石九斗五升にして、其他生糸・屑物・米穀
肥料・諸雑貨を合せて、之が火災保険金額の総計参百
六拾八万四千参百六拾四円に上り、年末現在貨物の
火災保険金額は六拾四万九千二百六拾円なりき。又
同年度同社に於て殺蛹乾燥を施したる繭の数量は
四万三千二百三十二石四斗一升に上れり。
       ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
          不溢諸県第一名、製糸場列水辺村、
    諏訪製糸場              高橋月山
          最憐工女繊々手、繰出邦家富実源、
       ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
  (改頁)
 
   ●製糸以外の産業
 諏訪に於て、製糸業の盛大なるに比すれば遙に及
ばざれども、尚軽視すべからざる数種の産業あり、即
ち寒心太(かんてん)・蚕種・鋸・平石・湖魚・氷等なり。
 寒心太 弘化年間に製造を開始せしが、漸次製法
 に改善を加へ、販路次第に拡大し、方今産額年々五
 六拾万円に上る。原料は海岸各地より購入し、製品
 は支那及び欧洲に輸出せらる。
 夏秋蚕種 諏訪種と称し、蚕児の強健を以て名あ
 り。製造年額三十余万枚、価格四拾万円。
 平石 上諏訪町・四賀村の山部に産す。屋根石其他
 の川途広く、中央線開通以来京浜に輸送せらるゝ
 
  (改頁)      画像24
 
 もの多し。年産額二拾万円。
 水産 諏訪湖は鯉(こい)・鮒(ふな)・鰻(うなぎ)・蝦(えび)・蜆(しじみ)等を産す。年額約拾万
 円。冬季結氷すれば之を採取して夏季の飲料及び
 冷蔵用に供す。年産額五六万円。
 其他鉄工場・製材所・精米所・米穀商・石炭商を始めと
し、製糸業に附随し、或は必要に応じて起りたる各種
商工業の逐次隆昌を来せるもの、蓋し当然の勢なり
とす。
 
       ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
         十月湖氷玉己成、神踪先自導人行、
     諏訪湖              菊池五山
        脚痕時怪轟雷軸、便是寒隆割有声
       ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~