NPO長野県図書館等協働機構 信州地域史料アーカイブ

5.繁盛記、社史、産業の記録

別所温泉誌 [解説] 

 湯治は、四月から九月の六か月間が最良としています。しかし、湯治療法は、それぞれの人の都合によるもので「一年間皆適良の時期」としています。湯治の期間は病質によって違いますが、通例三週間が適当とし、同一の温泉に二、三年継続して入浴するのが良いとしています。続いて「浴法心得」は細かく示され、「飲用法心得」となります。
 「飲用法心得」は、少量から始め一日五合まで、食後一時間を経てから、飲服中は早寝早起き、適当な運動に心がけるようなどとしています。