NPO長野県図書館等協働機構 信州地域史料アーカイブ

5.繁盛記、社史、産業の記録

■桜田門外之変速報 [翻刻] 

三月三日朝五ツ時頃      画像4
井伊掃部頭様御登城先桜田門外ニ而
水戸家之浪士拾七人程及狼藉刀並短筒等を
相用即死怪我人多数有之御當家以来之大変
恐多くも井伊様十ニ九分九厘九毛御落命与申義ニ御座候
折も悪敷大雪降烈風ニ而一町先者不見分
水戸家浪士風合羽丸桐油等着し傘をさし
下駄をはき節句之御祝儀諸侯之御登城
拝見衆ニ扮し大勢罷出御駕籠近く相成候節
手早合羽桐油等ぬき捨はだしニ相成刃傷ニ
及候処御供廻り之面者桐油を着大小江柄袋
懸ケ根緒抔ニ而〆刀を抜兼猶餘之処多勢手分ヶ
いたし直ニ御駕籠江刃向ひ短筒ニ而打刀刺通し
御首を打候由双方即死手負多分御座候実ニ未聞之
騒動双方不劣名家与名家此後之騒動無覚束
只々静謐之事而已諸共ニ朝夕祈念致候右者近々之
評判ニ而定メ而御承知も御座候得共幸便ニ而可奉申上候
  水戸殿御家来三月三日
  井伊殿御登城先 桜田門外ニ而
  御駕籠江狼藉候拾七人
          剛旁脇坂二而死
  脇 大関和七郎     森 五郎九郎
    黒澤忠兵衛     瀬野升之助
    山口辰之助     廣岡子之次郎
    関 新兵衛     松山與市郎
    増子清三郎   脇 森 繁之助
    斎藤監物      鯉渕要人
    稲田重蔵      海渡先之助
    岡部三重郎     蓮田一五郎
    廣木和之助
      内
  五人     即死
  三人     脇坂江欠込
    此分町奉行へ御引渡伝馬町江可被遣候処
    直様細川家へ御預ケニ相成候
  四人     細川江欠込 
    此分御届ケニ相成御引渡ニ相成遍く候処
    直様御預ケニ相成以上七人御預ケニ相成
     俄ニ御屋敷内江揚屋御出来ニ相成候
  壱人     土佐殿へ欠込
  壱人     薩州へ欠込
  壱人     長州へ欠込
  壱人     阿州へ欠込
  壱人     仙臺へ欠込
井伊家之即死八人
  外三人翌日死
掃部頭様四日より當十日迄御出仕なし
 
水戸家江被 仰付之趣
以後心得違之者有之狼藉も難計ニ付門之出入
厳敷相改重役出張取計可申旨被仰渡候
 
右之條ニ付彦根ニ注進早速櫛之歯を挽ク如く
早々御国許与里八拾人程押出し先着府いたし候
 
三月十日           よし池由之助
吉池文之助様