NPO長野県図書館等協働機構 信州地域史料アーカイブ

4.地域の記録

■真田氏関係資料 パスファインダー&目次検索 8.真田氏関係の城址、寺社、文化遺産等について調べる 

『真田町誌』
『真田町誌』歴史編上 真田町誌編纂委員会/編集 真田町:真田町誌刊行会 1998年
 <所蔵館>エコール 県立長野図書館 長野市立図書館 須坂市立図書館 千曲市立図書館等
 ◇真田町発足40周年記念事業として刊行された。監修者黒坂周平は「真田氏の起こりにつては、いくつかの説があるが、そのすべてにわたって詳細に説明してある点は、今までの書物には全く見られなかった点である。ことに、幸隆-昌幸からはじまって、信綱・昌輝・信之・幸村(信繁)に至る三代の経歴と活躍については、万般にわたって記され、余すところがない。さらに、一族の根拠地知行体制等についても詳細な調査の上に立って、新たな角度から研究が進められており、真田氏研究に新しい世界を開いたといってよい。」と述べている。
 ◇関係する目次は次の通り
 第5章 真田町の中世城郭跡概要
   第二節 山城跡
    1洗馬城跡 根小屋城跡 横尾城跡 内小屋城跡 弥六城跡 猿ケ城跡
    2山家郷(真田郷)の城館跡 真田氏本城跡 松尾城と東見番所跡 日向畑の館跡 山家の真田氏館跡 三日城の館跡
    3原之郷の城館跡 本原の真田氏館跡 天白城跡 櫓城跡 備場跡
   第三節 堀の内
   第四節 発掘された中世の遺跡 1日向畑遺跡
 
『日本城郭大系』第8巻 新人物往来社 1980年
 <所蔵館>県立長野図書館 エコール 長野市立図書館 千曲市立図書館等
 ◇通巻20巻の第8巻が長野県、山梨県となっている。長野県の城郭は鎌倉時代、南北朝時代と経て、武田氏の進出と城郭、近世の幕開けとなる。「近世的支配の始まりは、城郭の変化にも象徴されている。武田時代は築城技術が進み、本城-支城体制が編成されるが、城郭そのものは土塁を基本とする中世城郭の延長線上にあった。しかし、豊臣系の諸大名は機内地方の進んだ築城技術と感覚をもって、石塁を築き、壮麗な天守閣を建てて、近世の幕開けにふさわしい権力・権威を象徴すると共に、堅牢で無駄のない城郭を築いた。その代表的なものは、文禄・慶長年間(1592-1615)の頃、石川康正・康長父子が築いた五層の天守閣をもつ松本城であるが、文禄年間、日根野高吉の築いた三層の天守閣を持った高島城も注目される。」(本書概説より)
 
『上田築城400年 真田史料展図録』上田市立博物館/編 上田市立博物館 1983年
 <所蔵館>県立長野図書館 エコール 長野市立図書館 千曲市立図書館等
 ◇本書に掲載された城址・寺、書状、地図等は次のようなものがある。
 日向畑遺跡、海野幸義の墓、砥石城全景、上州我妻郡岩櫃城之図、岳山城跡 箕輪城跡 白井城跡 平八石、上州利根郡沼田城之図、上田城 金箔瓦、菊花文軒丸瓦、長篠古戦場、丸子城跡 御北之塚、開善寺、願行寺、高野山蓮華定院 真田庵・真田昌幸墓、真田信之霊屋、松代長国寺 開善寺 大林寺・大輪寺 願行事 大英寺 白鳥神社 松尾古城之図、白鳥神社海野系図、真田幸隆宛武田信玄宛行状、四阿山奥宮社殿扉、長篠合戦図屏風、真田幸隆墓、鎧の銅、血染めの陣羽織、真田昌幸着用具足、名胡桃城代鈴木主水の墓、武田勝頼書状、真田家御事蹟稿、甲陽軍艦、蓮華童子院宛真田信綱安堵状、真田昌幸画像、真田昌幸安堵状、真田昌幸宛北条氏邦書状、織田信長禁制、矢沢綱頼宛北条氏直宛行状、依田記、宮下善七郎宛真田昌幸感状、飯島市之丞宛真田昌幸感状、宮下太兵衛宛真田昌幸安堵状、信綱寺真田昌幸宛行状、元和年間上田城図、柳沢与兵衛宛宮下藤衛門判物、諏訪久三宛真田弁丸(幸村)安堵状、矢沢頼幸宛須田満親書状、神川合戦図、矢沢綱頼宛上杉景勝書状、真田昌幸宛豊臣秀吉書状、真田昌幸・信之・幸村宛豊臣氏普請奉行連書状、真田昌幸宛長束正家等連署状、真田親子犬伏密談図、真田信幸宛徳川家康書状、真田信幸宛徳川家康安堵状、真田昌幸宛石田三成書状、真田父子上田篭城図、高野山蓮華上院、真田昌幸書状、真田信幸宛本多正信書状、真田幸村画像、真田信幸宛昌幸書状、真田幸村書状、大坂冬之陣・夏之陣図、真田幸村勇戦之図、真田信之木造、大蓮院画像
 
『真田宝物館図録』真田宝物館/編 松代藩文化施設管理事務所 1989年
 <所蔵館>県立長野図書館 長野市立図書館 ライブラリー82等
 ◇「真田宝物館の収蔵物件は、松代藩主真田家の末裔真田幸治氏(1901~1977)が、450年余の昔から同家に伝承されてきた宝物のすべてを、昭和41年(1966)に松代町に寄贈されたものである。収蔵、展示等のために真田宝物館が昭和52年(1977)に建設された。
 宝物は、歴代藩主画像等の肖像22点、…、信之公外歴代藩主の印章・花押等35点、青江・三原の太刀、吉光の短刀等刀剣類43点、昌幸公着用の昇梯子の甲冑・馬具・陣鐘・軍旗等武具類215点、…、源氏物語・二十一代集・絵図等図書類58点、歴代藩主墨跡・藩絵師作品等書画類599点、…、能衣装・楽器等能楽関係17点、琴・筝・琵琶等外楽器類48点、…、蓮華王茶壺・永楽茶壺外茶器類48点、調度品400点、カルタ等外遊具28点、望遠鏡・測量用具等機械類18点、欄・仏の洋書260冊、和漢の写本・刊本3,809点25,605冊、県宝指定戦国武将書状外藩政文書等古文書約7,000点等膨大な収蔵品となっている。(ごあいさつより)
 ◇上記以外の代表的なものを列挙すると
 真田幸隆平常服画像 真田幸隆宛武田信玄宛行状 黄八幡の指物 天正13年10月17日真田昌幸宛羽柴秀吉書状 慶長5年7月27日真田信幸(信之)宛徳川家康安堵状 真田昌幸高野山入御供人名面 真田信之宛真田昌幸書状 真田家重宝・吉光の短刀等がある。
 
『上田築城三百五十年祭記念写真帖』水野 源太郎/編 水野源太郎 1932年
 <所蔵館>エコール 県立長野図書館 千曲市立図書館等
『上田築城三百五十年祭史料展覧会記念帖』上田史談会/編 上田史談会 1932年
 <所蔵館>エコール 県立長野図書館 千曲市立図書館等
『真田町日向畑遺跡 発掘調査報告書』真田町教育委員会/編 真田町教育委員会1973年
 <所蔵館>エコール 県立長野図書館 千曲市立図書館等
『真田氏の城跡群』 真田町 真田町教育委員会 1978年
 <所蔵館>エコール 千曲市立図書館等
『真田町の文化財』 真田町教育委員会/編 真田町教育委員会 1979年
 <所蔵館>エコール ライブラリー82等
『重要文化財 眞田信之霊屋(宝殿・表門)修理工事報告書』文化財建造物保存技術協会/編 真田信之霊屋修理委員会 1980年
 <所蔵館>県立長野図書館 長野市立図書館等
『戦国合戦絵屏風集成』 第4巻 桑田忠親他編 東京:中央公論社 1980年
 <所蔵館>県立長野図書館 エコール 長野市立図書館 千曲市立図書館等
『市民グラフ上田 上田築城400年記念特集号』上田市秘書課/編 上田市第12. 1984年
 <所蔵館>県立長野図書館 エコール等
『松代藩の国絵図 城下絵図 町絵図』長野市教育委員会文化財課松代文化施設等管理事務所(真田宝物館)/編 長野:長野市教育委員会文化財課松代文化施設等管理事務所(真田宝物館)2014年
 <所蔵館>長野市立図書館 エコール ライブラリー82等