NPO長野県図書館等協働機構 信州地域史料アーカイブ

4.地域の記録

■真田氏関係資料 パスファインダー&目次検索 6.真田氏研究資料について調べる 

『真田家御事蹟稿』(『新編信濃史料叢書』15-18)信濃史料刊行会/編 信濃史料刊行会 1977
 <所蔵館>県立長野図書館 長野市立図書館 エコール ライブラリー82等
 ◇本書は「真田家8代目藩主で英名の高い幸貫(ゆきつら)が初祖一徳斉幸隆以降代々祖先の事蹟が湮滅(いんめつ)して行くことと、世に流布する伝承に虚誕(きょたん)の少くないのを遺憾(いかん)に思い、真実を伝えるため家臣等に命じて改めて編輯させたものであります。」(「新編信濃史料叢書第15回配本にあたって」)
 この事業の中心になって編輯に当たったのは、真田家重臣河原綱紀で、天保9年幸貫から編纂(へんさん)を命ぜられ、7年の歳月を経て天保14年12月に至って、正編62巻に及ぶ大冊の編纂を完了した。
 内訳は、「先公御事蹟稿1巻につづいて、一徳斉殿幸隆関係上中下3巻、信綱寺殿信綱のものが1巻、長国寺殿昌幸関係が全14巻、寒松院殿昌幸夫人の部が1巻、大鋒院殿信之関係が全て25巻、信之夫人大蓮院関係が上下2巻、大光院左衛門佐信繁(幸村)の部が4巻、…」である。(「新編信濃史料叢書第15回配本にあたって」)
 各人の事蹟は、父母・内室・子息等の系譜についで一代の事蹟武略等を、諸記録によって考究考証し、関係文書も収録し、使用の印章花押をも収めている。
 「本書の原本は、真田家に所蔵されて来ましたが、正副2本あって、1本は真田幸治氏から旧松代町に寄付され、今は長野市所有の真田家宝物(真田宝物館)中にあって、1本は同氏から譲り受けて米山一政氏が所蔵しております。」(「新編信濃史料叢書第15回配本にあたって」)
 
『真田史料集』小林 計一郎/校注 東京:新人物往来社 1985年
 <所蔵館>県立長野図書館 千曲市立図書館 長野市立図書館 ライブラリー82等
 ◇本書は『真田家御事蹟稿』の翻刻・校注版である。
 
『真田家文書』上・中・下巻 米山 一政/編 長野市 1981・1982・1983年
 <所蔵館>県立長野図書館 長野市立図書館 千曲市立図書館 ライブラリー82等
 ◇真田家文書は松代旧藩主真田家相伝の古文書中、特に歴史上参考となるべき史料を撰び、県宝に指定された381通は勿論、未公開の文書類も含め昭和56年に刊行されたもので、真田氏研究の基本史料である。
 上・中・下3巻から成るが、特に上巻には、武田晴信宛行状・武田勝頼条目・真田昌幸宛行状・羽柴秀吉書状・豊臣秀吉書状・豊臣秀吉朱印条目・豊臣秀次書状・豊臣氏奉行連書状・豊臣氏普請奉行連書状・豊臣秀吉朱印状・長束正家等連書状・徳川家康書状・徳川家康安堵状・徳川秀忠書状・宇喜多秀家書状・毛利輝元書状・石田三成書状・大谷吉隆書状・幕府老臣連書状・本多正信書状・真田信之書状等、歴史的に極めて貴重な文書が数多く残されている。
 関ケ原合戦直前の慶長5年7月末から8月10日までに、西軍に属した緒将より真田昌幸に宛てられた書状や条目が10数通残っている。
 ◇真田家には「吉光の御長持(おんながもち)」というものが代々伝わっていた。その中に真田家重宝・吉光の短刀があった。この短刀は信之が関ケ原合戦に当たり、二男信政(当時4歳)を質として江戸城に上げたとき、家康(秀忠)より、天下三名剣(吉光・正宗・義弘)の一つ藤四朗吉光の短刀を拝領した。真田家では家宝第一としてこれを堅牢な長持ちに特別重要書類と共に収めて昼夜の別なく藩士が交代でお護りしていた。
 その中身は家老でさえ見たことがなく秘蔵し保存されてきた。その書類等は廃藩後公開されたが、果たして関ケ原の役のとき石田三成や五奉行から昌幸に送られた書状等が出てきた。幕府に発覚すれば、真田家の命取りにもなりかねない関ケ原の戦い前夜の石田方からの密書は、藩祖信之の手によって秘蔵され、代々受け継がれてきていた。
 この諸文書によって昌幸の行動や石田方の計画した陣容等が明らかとなり、日本史上稀有の貴重文書となった。
 
『真武内伝』(『信濃史料叢書』四・五)竹内軌定編 信濃史料編纂会 大正3年
『信濃史料叢書(復刻)』中・下 信濃史料編纂会/編 東京:歴史図書社 1969年
 <所蔵館>エコール 長野市立南部図書館 松本市中央図書館 県立長野図書館等
 ◇竹内軌定著。松代藩主真田家歴代の系譜および事績を載せている。正編5巻が享保 16 (1731) 年に,付録4巻が後にでき,異本もある。
 ◇書目解題 真武内伝 五巻 竹内軌定編 真武内伝附録 柘植宗辰編
 「真田家の系譜及び事蹟を録し、就中、幸隆、昌幸、信之、幸村等の記述頗る詳密なり。内伝と称するは、昌幸、幸村の事あるを以て、特に幕府を憚りたるものならんと云へど、特に真武外伝の書目あるによりて見れば必ずしも然らず。蓋し、一藩の内事を記載すと云うに過ぎざるべし。附録の跋によれば、本伝は竹内軌定主として筆を執り、柘植宗辰之を補助したるものらしく思わる。…書中、古文書あり、古記録あり、憶測に過ぎざるものあり、記述の体裁亦一定せず。本書は主として飯島家、柘植家及び史料編纂掛の蔵書に依り、追加一巻は、紙数の都合によりて、本叢書下巻に集録する事とせり。」
『真武内伝追加』(『信濃史料叢書(復刻)』中・下 信濃史料編纂会/編 東京:歴史図書社 1969年
 <所蔵館>エコール等
 
『滋野世紀』 臣桜井亦七郎友直 享保18年(1733)癸丑6月
 ◇滋野世紀あとがきには、「心ひそかに思うに、天下の治国家の興廃は、歴史をたずねてみるのでなければ、その実際を知ることができぬものである。去年壬子(1732)の夏、主君真田幸弘公は、わたくしにお家の記録を著述するようにお命じになった。…わたしは旧記に拠って是に肉付けし、実録をもって是を正しいものとし、二十分冊として『滋野世紀』と名付けた。思うに、国家の興廃を調べ族籍の異動を正そうとする場合の参考になるであろう。草稿ができ上がったので御覧に供える次第であるが、分を越えた点がありはせぬかと恐れている。 時に享保18年癸丑6月 臣 桜井亦七郎友直 之を記す」
 ◇真田家重宝・吉光の短刀は拝領の謂われにについて、『滋野世紀』は次のように伝えている。
 「関ケ原御陣慶長五年八月信之公関東御味方の時証人のため信政公僅か四歳関東に赴かる此の時但馬(矢沢但馬守三十郎)奉抱御権君(家康)御前に罷り出る御守河原左近お次の間迄奉抱すといふその節吉光の御脇差御物之を頂く」
 
『滋野通記』真田町教育委員会/編 真田町教育委員会 1975年
 <所蔵館>県立長野図書館 長野市立図書館 エコール等
 
『真田通記』 真田町教育委員会編 真田町教育委員会 昭和57年
 <所蔵館>エコール 長野市立長野図書館 県立長野図書館
 ◇昭和51年に発行された信綱寺の宝物「滋野通記」を改題して「真田通記」として翻刻、発行したもの。「真田氏に関する古書に、『真武内伝』(しんぶないでん)、『滋野世紀』(しげのせいき 別名松代通記)がある。共に信濃資料叢書にも取り入れられている。この『滋野通記』(しげのつうき)は前二書より凡そ六十余年後の書で、著者は跋文に「真武内伝」は疎にして猥、滋野世紀は簡にしてそ(ママ)」と評して、共に不十分なので、多年研究してまとめたのが本書であると、自負をもって書いている。」(本書旧版まえがき)
 著者は松代藩士馬場広人政常で、恩田木工民親の事績を記した『日暮硯』(ひぐらしすずり)の著者でもある。その跋文に、「時に寛政七歳(1735)乙卯孟冬(陰暦10月) 信陽海津之臣 馬場広人源政常 行年七十一歳謹識」とある。
 ◇目次は次の通り
 巻一 弾正忠幸隆の譜伝 源太左衛門信綱の譜伝 兵部丞昌輝の譜伝 安房守昌幸の譜伝
 巻二 安房守昌幸の譜伝
 巻三 伊豆守信之の譜伝 附左衛門之佐幸村の譜伝
 巻四 大内記信政の譜伝
 付 真田家系譜の巻
 
「羽尾記」
『群書類従』第21輯 塙 保己一/編纂 東京:続群書類従完成会 1980年
 <所蔵館>長野市立図書館 エコール等
『上田軍記』(『蕗原拾葉』)中村元恒編 上伊那教育会 昭和15年
 <所蔵館>エコール 長野市立長野図書館 県立長野図書館 飯田市中央図書館等
『上田軍記』 上田市史編纂委員/編
 <所蔵館>エコール等
『信州上田軍記』堀内 泰/訳 長野:ほおずき書籍 2006年
 <所蔵館>エコール 長野市立長野図書館 県立長野図書館 飯田市中央図書館等
 ◇目次は次の通り
 上田合戦起こりの事 信州神川合戦の事 鞠子合戦の事、附信幸物見の事 烏帽子形の城合戦の事 浜松勢上田表引き退く事 昌幸と上杉景勝不和の事、附信幸信州所々働きの事 昌幸父子秀吉公へ謁見の事 後の上田陣起こりの事 秀忠公上田城へ発行の事 森右近大夫敗走の事 安房守昌幸父子高野山蟄居の事
 
「難波戦記」
『通俗日本全史』〔11〕早稲田大学編輯部/編輯 戸塚村(東京府):早稲田大学出版部
 <所蔵館>エコール等
『三河物語』上・中・下巻 大久保 彦左衛門/〔著〕 東京:徳間書店 1992
 <所蔵館>エコール 長野市立図書館 小布施町図書館等
『新三河物語』上・中・下巻 宮城谷 昌光/著 東京:新潮社 2008年08月
 <所蔵館>エコール 長野市立図書館 小布施町図書館等
『甲陽軍鑑』上・中・下巻(『戦国史料叢書』)磯貝正義他編 人物往来社 昭和40年
 <所蔵館>エコール 諏訪市図書館 岡谷図書館等
『武田史料集』(『戦国史料叢書』)清水茂夫他編 人物往来社 昭和42年
 <所蔵館>エコール 飯田市上郷図書館 県立長野図書館等
『真田文書集 復刻版』藤沢直枝編 象山社 昭和53年
 <所蔵館>長野市立南部図書館 千曲市立更埴図書館 県立長野図書館等
『続々群書類従』第4 国書刊行会/編 東京:続群書類従完成会 1978年
 <所蔵館>長野市立図書館 エコール等
 『大日本史料』第一一・一二編 続刊中 東京大学史料編纂所編 東大出版会 明治34年
 <所蔵館>エコール 軽井沢町立図書館 県立長野図書館等
『徳川家康文書の研究』上・中巻 中村孝也編 日本学術振興会 昭和33年
 <所蔵館>伊那市立高遠町図書館等