NPO長野県図書館等協働機構 信州地域史料アーカイブ

4.地域の記録

■真田氏関係資料 パスファインダー&目次検索 4.真田一族と家臣団について調べる 

『真田家御事蹟稿』(『新編信濃史料叢書』15-18)信濃史料刊行会/編 信濃史料刊行会 1977年
 ◇本書は「真田家8代目藩主で英名の高い幸貫(ゆきつら)が初祖一徳斉幸隆以降代々祖先の事蹟が湮滅(いんめつ)して行くことと、世に流布する伝承に虚誕(きょたん)の少くないのを遺憾(いかん)に思い、真実を伝えるため家臣等に命じて改めて編輯させたものであります。」(「新編信濃史料叢書第15回配本にあたって」)
 この事業の中心になって編輯に当たったのは、真田家重臣河原綱紀で、天保9年幸貫から編纂(へんさん)を命ぜられ、7年の歳月を経て天保14年12月に至って、正編62巻に及ぶ大冊の編纂を完了した。
 内訳は、「先公御事蹟稿1巻につづいて、一徳斉殿幸隆関係上中下3巻、信綱寺殿信綱のものが1巻、長国寺殿昌幸関係が全14巻、寒松院殿昌幸夫人の部が1巻、大鋒院殿信之関係が全て25巻、信之夫人大蓮院関係が上下2巻、大光院左衛門佐信繁(幸村)の部が4巻、…」である。(「新編信濃史料叢書第15回配本にあたって」)
 各人の事蹟は、父母・内室・子息等の系譜についで一代の事蹟武略等を、諸記録によって考究考証し、関係文書も収録し、使用の印章花押をも収めています。
 「本書の原本は、真田家に所蔵されて来ましたが、正副2本あって、1本は真田幸治氏から旧松代町に寄付され、今は長野市所有の真田家宝物中にあって、1本は同氏から譲り受けて米山一政氏が所蔵しております。」(「新編信濃史料叢書第15回配本にあたって」)
 <所蔵館>県立長野図書館 長野市立図書館 エコール ライブラリー82等
 
『真田史料集』小林 計一郎/校注 東京:新人物往来社 1985年
 <所蔵館>県立長野図書館 千曲市立図書館 長野市立図書館 ライブラリー82等
 ◇本書は『真田家御事蹟稿』の翻刻・校注版である。