NPO長野県図書館等協働機構 信州地域史料アーカイブ

4.地域の記録

■真田氏関係資料 パスファインダー&目次検索 4.真田一族と家臣団について調べる 

『真田一族と家臣団-その系譜をさぐる‐』田中 誠三郎/著 信濃路 1979年
 <所蔵館>県立長野図書館 長野市立図書館 エコール 須坂市立図書館 千曲市立図書館 ライブラリー82等
◇目次には、中興の祖真田弾正忠幸隆、長篠の役で討死した真田源太左衛門信綱、遂に戦国大名となった真田安房守昌幸、松代の初代藩主真田信之と続き、十代までの藩主の事蹟が述べられている。一門の中には、真田正昌輝系、真田信尹系、真田信繁(幸村)の事蹟等がある。
 次に、真田家臣団 上級武士の系譜が26氏、中堅武士の系譜が12氏挙げられている。
 また、藩士の給禄高を示す「分限帳」や松代藩の諸役と役人名、給禄制と階級制等も載っている。さらに、巻末には藩士名索引まで付いている。
 
『真田幸村と真田一族のすべて』小林 計一郎/編 KADOKAWA 2015年
 <所蔵館>県立長野図書館 長野市立図書館 エコール 千曲市立図書館等
 ◇目次の不撓不屈の真田一族、表裏比興の雄真田昌幸、日本一の兵真田幸村、真田家の治世、「真田十勇士」考、豊臣方浪人の背景と評価の後に、真田一族人物事典、真田一族関係人物事典、真田関係年表が載っている。
 ◇真田一族人物事典 
 一節 真田幸隆とその父、兄弟には、真田頼昌、真田幸隆(幸綱)、矢沢頼綱、常田隆家 
 二節 真田昌幸とゆかりの人々(妻妾・子女は【5】参照)
 ア真田昌幸とその兄弟、真田信綱、真田昌輝、真田昌幸、真田(信昌)信尹、金井高勝
 ウ昌幸の親族衆、宇田(宇多)頼次、滝川一積
 三節 真田信之ゆかりの人々(妻妾・子女は【5】参照)
 ア信之の親族集 本多忠勝、松仙院(本多忠世女)、小野お通 
 イ上野沼田藩主歴代、真田信之、真田信吉、真田熊之助、真田信政、真田信利 
 四節 幸村(信繁)ゆかりの人々(妻妾・子女は【5】参照)
 ア幸村(信繁)の親族衆 大谷吉継 堀田興重 高梨内記 片倉重長 岩城宣隆 石川光吉
 五節 海野一族 海野棟綱 羽尾氏(幸全)下屋氏 湯本氏 禰津氏・望月氏
関係人物事典の章には、出浦守清 鈴木主水・右近や真田十勇士などが載っている。
 
『真田氏三代』笹本 正治/著ミネルヴァ書房2009年
 <所蔵館>県立長野図書館 長野市立図書館 エコール 千曲市立図書館等
◇巻末に人名索引がある。多出人名は、石田三成 出浦対馬守(守清) 猪俣邦憲 上杉景勝 上杉謙信 海野棟綱 海野幸光 大熊靱負(ゆきえ)小笠原貞慶 小笠原長時 小川可遊斎 織田信長 小山田昌辰 小山田茂誠(壱岐守) 河原綱家 木曽義昌 木村綱茂(土佐守) 小松殿 坂巻夕庵(平次) 真田信尹 真田信綱 真田信吉 真田昌輝 鈴木主水(重則)須田満親 仙石忠政 仙石秀久 武田勝頼 武田信玄 徳川家康 徳川秀忠 豊臣秀吉 豊臣秀頼 日置五右衛門 藤田信吉 北条氏邦 北条氏直 北条氏政 本多忠勝 宮下孫兵衛 村上義清 村松殿 矢沢頼綱 矢沢頼幸 山之手殿 依田信藩 
 
『信濃真田氏 論集戦国大名と国衆13』丸島和洋編 岩田書院 2014年
 <所蔵館>県立長野図書館 長野市立図書館 エコール等
 ◇目次には、真田氏祖先について、真田一族覚書、上田築城開始をめぐる真田・徳川・上杉の動静、真田氏と南信、真田氏の分立と家臣及び領民等で構成され、真田一族及び家臣団研究論文集になっている。
 
『真田氏一門と家臣 論集戦国大名と国衆14』丸島和洋編 岩田書院 2014年
 <所蔵館>県立長野図書館 長野市立図書館 エコール等
 ◇真田家臣団の基礎研究、上田城下の商家となった武田家臣「海野衆」神尾氏、「四十八騎浪人」事件、鈴木右近忠重小伝等の目次から成っている。