NPO長野県図書館等協働機構 信州地域史料アーカイブ

4.地域の記録

■真田氏関係資料 パスファインダー&目次検索 3真田信繁(幸村)と大坂の役について調べる 

『真田家御事蹟稿』(『新編信濃史料叢書』18)信濃史料刊行会/編 信濃史料刊行会 1977年
 <所蔵館>県立長野図書館 長野市立図書館 エコール ライブラリー82等
 ◇本書は「真田家8代目藩主で英名の高い幸貫(ゆきつら)が初祖一徳斉幸隆以降代々祖先の事蹟が湮滅(いんめつ)して行くことと、世に流布する伝承に虚誕(きょたん)の少くないのを遺憾(いかん)に思い、真実を伝えるため家臣等に命じて改めて編輯させたものであります。」(「新編信濃史料叢書第15回配本にあたって」)
 この事業の中心になって編輯に当たったのは、真田家重臣河原綱紀(徳)で、天保9年幸貫から編纂(へんさん)を命ぜられ、7年の歳月を経て天保14年12月に至って、正編62巻に及ぶ大冊の編纂を完了した。
 真田信繁関係は、左衛門佐君伝記稿4巻がある。「左衛門佐君伝記稿は、事蹟に併せて、残存する信繁の自署及び花押が模写してありますが、…信繁の筆跡研究に大いに役立つことと存じます。つづいては、天正13年父昌幸が家康に離反して上杉景勝に内属した際、信繁が人質となって景勝の許に赴いたことのいきさつや、慶長19年10月、大坂冬の陣に先立って秀頼の招きに応じて、幽閉地高野山を出でて大坂城に入った時の状況と、この冬の陣の時の戦功と、翌元和元年の夏の陣に、信繁が大坂篭城方の柱石となって奮戦し、遂に武運尽きて同年5月7日戦死するに至ったことが、細大となく記しています。また巻四には、雑記として、信繁及び秀頼等の生存説に関する聞書伝承と信繁の子大助の夏陣における最期のことを記しています。」(「新編信濃史料叢書第18回配本にあたって」)
 
『真田一族と家臣団-その系譜をさぐる‐』田中 誠三郎/著 信濃路 1979年
 <所蔵館>県立長野図書館 長野市立図書館 エコール 須坂市立図書館 千曲市立図書館 ライブラリー82等
 ◇目次には、中興の祖真田弾正忠幸隆、長篠の役で討死した真田源太左衛門信綱、遂に戦国大名となった真田安房守昌幸、松代の初代藩主真田信之と続き、十代までの藩主の事蹟が述べられている。一門の中には、真田正昌輝系、真田信尹系、真田信繁(幸村)の事蹟等がある。
 ◇真田信繁(幸村)(妻妾・子女は【5】参照)
 ア 永禄13年(1560)生まれ、元和元年(1615)5月7日討死。享年46。一説に永禄10年生まれ、享年49
 イ 幼名は弁丸、源二郎、信繁、左衛門之佐等の名があるが、前半生は人質・証人(家臣)の人生を歩む。
 ・天正10年(1582)弁丸、信長重臣滝川一益が本拠とした前橋(厩橋)城に人質
 ・同年6月本能寺の変後、弁丸含む小県・佐久の人質は連行され木曽通過時に木曽義昌に引き渡された。
 ・同年9月、北条氏から徳川へ鞍替え。家康は配下に入った木曽義昌に人質引き渡しを求め、真田を味方に引き入れるために人質弁丸を交渉の道具としたとされる。 
 ・天正13年、第一次上田合戦に当たって昌幸は徳川軍に対抗するため上杉景勝に従属す。その証人として同年6月に弁丸を海津城代須田満親を経由して上杉の下に送り込んだ。上杉景勝は弁丸に知行地を与え、被官として扱っている。(諏訪久三宛「弁知行宛行状」天正13年6月)
 ・これより前に景勝は弁丸宛に屋代郷一千貫を宛行っていた。
 ・天正13年(1585)8月2日から11月、第一次上田合戦。弁丸も参戦したと新解釈提示されている。
 ・天正15年(1587)豊臣秀吉の人質として大坂城に赴く。
 ウ 昌幸父子と共に高野山へ赴いた家臣は「真武内伝」によれば次の16人、池田長門守、原出羽守(この二人は後に上田城へ帰った)高梨内記、小山田治左衛門、田口久左衛門、河野清右衛門、関口忠右衛門、青木半左衛門、飯島市之亟、石井舎人、前島作左衛門、三井仁左衛門、大瀬議八、青柳清庵で、時に信繁は35歳であった。
 エ 慶長19年(1614)10月9日、信繁秀頼の招きに応じ大坂城入城。支度金として黄金200枚、銀30貫だったと「信武内伝」は書き、「手勢130人、これは大方信州より来るなり。」
 オ 冬の陣 慶長19年11月15日、大坂城攻防戦始まった。「山口休庵噺」
 カ 夏の陣 慶長20年4月24日、夏の陣が始まった。
「5月7日、御所様(家康)の御陣へ真田左衛門佐かかり候て御陣衆追い散らし討捕申し候、御陣衆三里程づつ逃げ候衆は皆生き残られ候、三度目に真田も討死にて候、真田は日本一のつわもの、古よりの物語にこれなき由、惣別これのみ申す事に候」(薩摩藩島津家久記録)
 キ 兄信之の信繁評
「伊豆守(信之)殿常々御物語に、左衛門佐天下に武名をあらはしたるは道理なり、生得の行儀振舞平生体の人と違いたる処多かりしなり。物ごと柔和忍辱にして強からず、言動少々にして怒り腹立つことなかりし。くらべていはば左衛門佐は国郡を領する誠の侍と謂つべし。我等は造り髭して眼をいららげ肩を張りたる道具持といふべき程違いたると宣ひしなり。」(『真武内伝』)