NPO長野県図書館等協働機構 信州地域史料アーカイブ

4.地域の記録

■真田氏関係資料 パスファインダー&目次検索 2真田父子と関ケ原の合戦、高野山・九度山幽閉について調べる 

『真田家御事蹟稿』(『新編信濃史料叢書』15-18)信濃史料刊行会/編 信濃史料刊行会 1977年
 ◇本書の原本は「真田家8代目藩主で英名の高い幸貫(ゆきつら)が初祖一徳斉幸隆以降代々祖先の事蹟が湮滅(いんめつ)して行くことと、世に流布する伝承に虚誕(きょたん)の少くないのを遺憾(いかん)に思い、真実を伝えるため家臣等に命じて改めて編輯させたものであります。」(「新編信濃史料叢書第15回配本にあたって」)この事業の中心になって編輯に当たったのは、真田家重臣河原綱紀で、天保9年幸貫から編纂(へんさん)を命ぜられ、7年の歳月を経て天保14年12月に至って、正編62巻に及ぶ大冊の編纂を完了した。
 内訳は、「先公御事蹟稿1巻につづいて、一徳斉殿幸隆関係上中下3巻、信綱寺殿信綱のものが1巻、長国寺殿昌幸関係が全14巻、寒松院殿昌幸夫人の部が1巻、大鋒院殿信之関係が全て25巻、信之夫人大蓮院関係が上下2巻、大光院左衛門佐信繁(幸村)の部が4巻、…」である。
 各人の事蹟は、父母・内室・子息等の系譜についで一代の事蹟武略等を、諸記録によって考究考証し、関係文書も収録し、使用の印章花押をも収めている。(「新編信濃史料叢書第15回配本にあたって」)
 <所蔵館>県立長野図書館 長野市立図書館 エコール ライブラリー82等
 
『真田史料集』小林 計一郎/校注 東京:新人物往来社 1985年
 <所蔵館>県立長野図書館 千曲市立図書館 長野市立図書館 ライブラリー82等
 ◇本書は『真田家御事蹟稿』の翻刻・校注版である。
 
『真田家文書』上・中・下巻 米山 一政/編 長野市 1981・1982・1983年
 <所蔵館>県立長野図書館 長野市立図書館 千曲市立図書館 ライブラリー82等
 ◇『真田家文書』は松代旧藩主真田家相伝の古文書中、特に歴史上参考となるべき史料を撰び、県宝に指定された381通は勿論、未公開の文書類も含め昭和56年に刊行されたもので、真田氏研究の基本史料である。原本は真田宝物館所蔵
 上中下3巻から成るが、上巻には、武田晴信宛行状・武田勝頼条目・真田昌幸宛行状・羽柴秀吉書状・豊臣秀吉書状・豊臣秀吉朱印条目・豊臣秀次書状・豊臣氏奉行連書状・豊臣氏普請奉行連書状・豊臣秀吉朱印状等326通収められ歴史的に極めて貴重な文書が数多く残されている。
 ◇特に、関ケ原合戦直前の慶長5年(1600)7月末から8月23日までに、家康から真田信幸宛の書状・宛行状、西軍に属した緒将より真田昌幸に宛てられた書状が10数通含まれており、緊迫した当時の様子が伝わってくる。差出人、日付等は以下のとおりである。
 ・長束正家等連署状 慶長5年7月17日 長大正家・増右長盛・徳善玄以 真田安房守殿御宿所
 ~長束正家・増田長盛・前田玄以等豊臣家五奉行は家康を討つべく決起し、その旨を真田昌幸に告げ、秀頼に忠誠を致すことを求めたものである。
 この書状を見た昌幸は、信幸を自陣に呼び寄せ、幸村も交えてその去就を協議した。後世、真田父子犬伏の密談と呼ばれる。
 ・徳川家康書状 慶長5年7月24日 家康 真田伊豆守殿
  ~信幸は昌幸・信繁と袂を分かち、留まって家康に味方する旨を伝えたことに対して、家康が「奇特千万」として信幸の忠心を賞した書状
 ・徳川家康安堵状 慶長5年7月27日 家康 真田伊豆守殿
  ~信幸が家康の軍に留まって忠節を致すことを約したので、昌幸の本領小県郡を没収し信幸に与えることとし、且つ今後身上を取り立てることを約したもので、信之以来真田家では最も重要文書として大切にされてきた書状である。
 ・長束正家等連署状 慶長5年7月29日 長大正家・増右長盛・徳善玄以 真田安房守殿御宿所
  ~長束正家・増田長盛・前田玄以が連署状を以て、真田昌幸に秀頼のため味方となって忠節を尽くすべきことを求め、家康の非道をなじったもの。関東へ出陣の諸子の妻子は厳重に取り扱っているので、昌幸も考慮することなく味方に属すよう述べている。
 ・宇喜多秀家書状 慶長5年7月29日 備前中納言秀家 真田安房守殿御宿所
  ~豊臣家五奉行連署状と同時に、宇喜多秀家自身が改めて昌幸に秀頼への忠誠を求めたもので、次の毛利輝元の書状も同様である。
 ・毛利輝元書状 慶長5年7月29日 芸中納言輝元 真田安房守殿御宿所
 ・石田三成書状 慶長5年7月晦日 三成 真房州御報
  ~昌幸は大坂方に応じ、近江佐和山の石田三成にその旨を申し送ったのに対する三成の書状で、昌幸に予め相談なしに謀叛を起こしたことの弁明、妻子は大谷吉隆(吉継)が預かり保全をはかっていること、軍略等について告げている。
 ・大谷吉隆(吉継)書状 慶長5年7月30日 白以 真安房守殿 左衛門佐殿
  ~大坂の軍状の報告とともに、昌幸・信繁の妻子を吉隆(吉継)が預かっていることを報じ、安堵させようとしたものである。
 ・長束正家等連署状 慶長5年8月朔日 長大正家・増右長盛 真田安房守殿御宿所
  ~昌幸に対する豊臣家五奉行等の弁明、上杉景勝・佐竹義重・伊達政宗・最上義光等の動向と、伏見城の攻略が終わったことを報じている。 
 ・宇喜多秀家等連署状 慶長5年8月2日 長大正家・増右長盛・石治三成・芸中輝元・備中秀家 真田安房守殿御宿所
  ~関東・奥羽出陣の将士の動向と細川忠興居城の丹波田辺城攻略中の状況を昌幸に報じたもの。
 ・石田三成書状 慶長5年8月5日 三成 真田房州・豆州・左衛門之介殿人々御中
  ~会津の上杉景勝への飛脚について沼田領経由にて速達させる依頼、小諸・深志・川中島・諏訪等の仕置を昌幸に任せることを告げ、景勝に関東への出陣を求めたことを報じ、堀秀治・前田利長・丹羽長重の動向、伏見城攻略のこと、細川忠興父子の処置、今後の三成の軍略等につき昌幸父子等に告げたもの。
 ・徳川秀忠書状 慶長5年8月23日 秀忠 真田伊豆守殿
  ~家康の命を受け秀忠が上田城に真田昌幸を攻めることになり、宇都宮から沼田城の信幸にその旨を告げ、信幸の参陣を求めたものである。
 ◇また、昌幸・信繁の高野山幽閉から慶長16年に昌幸が没する間の書状も残されている。
 ・房州高野山入御供人名面 
  ~「当代記」三の12月13日の条に、信州真田城を渡し、親子共に高野山に上る、と記し、昌幸親子に従った16人の随士の名面書上げである。
 ・真田昌幸書状 3月25日 安房昌幸 豆州参(幸村筆)
  ~九度山の昌幸から上田城の信之に宛てたもので、昌幸は慶長16年6月4日65歳で卒しているから、その年或いは前年のごく晩年の音信。文中に、「この一両年は年を積み候故、気根草臥候」とある。
 ・真田昌幸書状 卯月27日 安房昌幸 豆州参
  ~昌幸最晩年の信之への音信。真田家の安泰のため、信之の健康を願う心情の切々たるものがある。
 ・本多正信書状 慶長16年(1611)6月13日 正信
  ~真田昌幸は慶長16年(1611)6月4日、配所高野山麓九度山で没した。享年65。智勇兼ね備えた名将であったがその晩年はわびしいものであった。信之は父の葬儀をしたいと家康側近本多正信に相談した。これはその返信。正信は昌幸の死を悼むとともに、「公儀御憚りの仁」でもあり、将軍家の許可を得ないわけにはいかないと慰諭した。
 
 ◇真田家には「吉光の御長持(おんながもち)」というものが代々伝わっていた。その中に真田家重宝・吉光の短刀があった。この短刀は信之が関ケ原合戦に当たり、二男信政(当時4歳)を質として江戸城に上げたとき、家康(秀忠)より、天下三名剣(吉光・正宗・義弘)の一つ藤四朗吉光の短刀を拝領した。真田家では家宝第一としてこれを堅牢な長持ちに特別重要書類と共に収めて昼夜の別なく藩士が交代でお護りしていた。
 その中身は家老でさえ見たことがなく秘蔵し保存されてきた。その書類等は廃藩後公開されたが、果たして関ケ原の役のとき石田三成や五奉行から昌幸に送られた書状等が出てきた。幕府に発覚すれば、真田家の命取りにもなりかねない関ケ原の戦い前夜の石田方からの密書は、藩祖信之の手によって秘蔵され、代々受け継がれてきていた。
 この諸文書によって昌幸の行動や石田方の計画した陣容等が明らかとなり、日本史上稀有の貴重文書となった。
 
『真田一族と家臣団-その系譜をさぐる‐』田中 誠三郎/著 信濃路 1979年
 <所蔵館>県立長野図書館 長野市立図書館 エコール 須坂市立図書館 千曲市立図書館 ライブラリー82等
 ◇目次には、中興の祖真田弾正忠幸隆、長篠の役で討死した真田源太左衛門信綱、遂に戦国大名となった真田安房守昌幸、松代の初代藩主真田信之と続き、十代までの藩主の事蹟が述べられている。一門の中には、真田正昌輝系、真田信尹系、真田信繁(幸村)の事蹟等がある。
 ◇東西に分かれた真田氏
 真田父子犬伏の密談の様子について、「河原氏伝記」は次のような話を伝えている。「話はなかなか纏まらず声高の争論となった。心配した昌幸の従弟で家老の河原綱家が顔を出すと、「顔を出すなと云ってあるのに何故来た」と怒った昌幸が下駄を綱家に投げつけた。このため綱家の前歯が欠けてしまった。」という。
 また、「滋野世記」には「信幸が「此処まで来て去るのは不義ではないか」というと、昌幸は「豊臣、徳川に恩顧はないがこのような乱世のときに家を興そう」と主張する。結局物別れとなったので昌幸は家臣の坂巻夕庵に今一度信幸を説得させるが、信幸は徳川に味方するといってきかない。昌幸は諦めて「父子相分かれるのも家のためによいかも知れない。」と言って翌日兵を纏めて上田城へ帰った。とある。
 
『真田通記』真田町教育委員会/編 真田町教育委員会 1982年
 <所蔵館>県立長野図書館 長野市立図書館 エコール 千曲市立図書館等
『上田軍記』 上田市史編纂委員/編
 <所蔵館>エコール等
『信州上田軍記』堀内 泰/訳 長野:ほおずき書籍 2006年
 <所蔵館>エコール 長野市立長野図書館 県立長野図書館 飯田市中央図書館等
 ◇目次は次の通り
  上田合戦起こりの事 信州神川合戦の事 鞠子合戦の事、附信幸物見の事 烏帽子形の城合戦の事 浜松勢上田表引き退く事 昌幸と上杉景勝不和の事、附信幸信州所々働きの事 昌幸父子秀吉公へ謁見の事 後の上田陣起こりの事 秀忠公上田城へ発行の事 森右近大夫敗走の事 安房守昌幸父子高野山蟄居の事