NPO長野県図書館等協働機構 信州地域史料アーカイブ

4.地域の記録

■真田氏関係資料 パスファインダー&目次検索 2真田父子と関ケ原の合戦、高野山・九度山幽閉について調べる 

      1関係地方史誌   2基本史料   3インターネット
 
真田父子犬伏の密談、真田昌幸 真田信幸 真田信繁(幸村)河原綱家 坂巻夕庵 河原氏伝記 沼田城 小松殿 上田城死守 関ケ原戦後の処分 信之の助命嘆願 本多正信 配流地高野山・九度山 
◇関ケ原合戦直前の慶長5年(1600)7月末から8月23日までに、家康から真田信幸宛の書状・安堵状、西軍に属した緒将より真田昌幸宛書状が10数通含まれており、緊迫した当時の様子が伝わってくる。
・7月17日長束正家等連署状、7月24日徳川家康書状・7月27日徳川家康安堵状、7月29日長束正家等連署状・宇喜多秀家書状・毛利輝元書状、7月晦日石田三成書状、7月30日大谷吉隆(吉継)書状、8月朔日長束正家等連署状、8月2日宇喜多秀家等連署状、8月5日石田三成書状、8月23日徳川秀忠書状
◇昌幸・信繁の高野山幽閉から慶長16年に昌幸が没する間際の書状
・慶長5年12月13日房州高野山入御供人名面、慶長16年?真田昌幸書状、3月25日 安房昌幸 豆州参、真田昌幸書状 卯月27日 安房昌幸 豆州参(幸村筆)、本多正信書状 慶長16年(1611)6月13日 正信