NPO長野県図書館等協働機構 信州地域史料アーカイブ

4.地域の記録

■秀吉と真田 豊臣氏関係遺品 


豊臣秀次書状
豊臣秀次書状


<史料解説>

「豊臣秀次書状」    真田宝物館蔵
 天正十八年(一五九〇)四月九日付。小田原の役のおり、北条攻めに加わっていた豊臣秀次が、やはり従軍中の真田信幸の労をねぎらったもの。信幸は北国囗部隊の一員として、前田利家・上杉景勝らと上州碓氷郡松井田城を攻撃中であった。秀次は秀吉の甥で天正十九年には秀吉から関白職を譲られた。しかし、文禄二年(一五九三)、秀吉に実子秀頼が生れると、秀吉との関係は徐々に悪化し、同四年には謀反を企てたという理由で高野山に追いやられ、切腹させられている。朱印の印文も「豊臣秀次」。
  [ 目録 ]

      <訓読>

  其の表永々在陣、誠に苦身の段、察し置き食(め)され候。将又(はたまた)帷子(かたびら)ニこれを遣はされ候。猶、追々仰せ遣はさるべく侯也。
   卯月九日 (朱印)(豊臣秀次)
     真田源三郎とのへ


 
淀殿和歌短冊
淀殿和歌短冊


<史料解説>

「淀殿和歌短冊」   真田宝物館
 松代藩主真田家伝来の「御手鑑」中の一つ。「秀頼御母堂淀殿」の短冊とされる。「君をのミ思ひねに寝しゆめなれハ我こゝろからみつるなりけり」。「古今和歌集」凡河内躬恒の歌。
  [ 目録 ]


 
豊臣秀頼書状
豊臣秀頼書状


<史料解説>

「豊臣秀頼書状」   真田宝物館
 真田信之から歳暮の祝儀の品として呉服が送り届けられたことについての豊臣氏二代秀頼の礼状。黒印の印文は「秀頼」。秀頼は慶長二十年(一六一五)五月八日の大坂城陥落に際し、母淀殿とともに自害して果てた。片桐市正(いちのかみ)且元は秀頼の後見役。
  [ 目録 ]

      <訓読>

  歳暮の祝儀として呉服ニ到来、遠路祝着に候。尚片桐市正申すべく候。謹言。
   極月二十七日 (黒印)(豊臣秀頼)
     真田伊豆守とのへ


 
 
 
 協力者
 本書の編集にあたり、資料のご提供やご協力をいただいた皆様のお名前を、ここに記させていただき、あらためてお礼申し上げます。
 (敬称略・順不同)
 大阪城天守閣 懐古園徴古館 真田氏歴史館 真田宝物館 長野県信濃美術館 高津古文化会館
 蓮華定院 赤羽愛沙子 石合知子 小山田恒雄 岡部みゆき 草間美保 雀部晴宜
 諏訪慎次 関 愛美 竹下 悠 柘植弌郎 長井彦助 原田和彦
 松下 愛 松田孝弘 宮沢常男 横関昌子 吉田里美
 
  主な参考文献
 大阪城天守閣『真田幸村と大坂の陣』二〇〇六年
 大阪城天守閣『「華」大阪城天守閣名品集』 一九九〇年
 松代藩文化施設管理事務所『真田三代 近世大名への道』二〇〇〇年
 松代藩文化施設管理事務所『長野県宝 真田家文書(1)』二〇〇四年
 信濃史料刊行会『信濃史料』第一五~一八巻
 上田市誌刊行会『上田市誌歴史編6 真田氏と上田城』
 上田市立博物館『金箔瓦の城』 一九九六年
 上田市立博物館『郷土の歴史 上田城』二〇〇三年
 笠谷和彦『関ヶ原合戦と近世の国制』二〇〇〇年
 小林計一郎編『真田幸村のすべて』 一九八九年
 柴辻俊六『真田昌幸』 一九九六年
 米山一政編『真田家文書』上巻一九八一年
 
 底本 『秀吉と真田』(上田市立博物館編集・発行 平成23年)
 なお、解説は底本執筆の寺島隆史が担当し最新の研究成果を基に書き直したので底本と異なる部分がある。