NPO長野県図書館等協働機構 信州地域史料アーカイブ

4.地域の記録

■秀吉と真田 名胡桃事件と小田原の役 


 ところが、秀吉の裁定に違犯する事件が間もなく起こる。真田の属城とされた名胡桃(なぐるみ)城を、北条氏邦の配下で沼田城へ入った猪俣(いのまた)邦憲が攻め、乗っ取ってしまったのである。これについて真田信幸より報告を受けた家康は、十一月十日付け書状で、先の沼田城明渡しの両上使(津田・富田)へ、まずは使者を出して知らせるよう指示している(写真)。
 
真田信幸宛徳川家康書状
真田信幸宛徳川家康書状


<史料解説>

「真田信幸宛徳川家康書状」   真田宝物館蔵
  天正十七年(一五八九)十一月十日
 秀吉の裁定により真田方に残された上州の名胡桃(なくるみ)城が、北条の兵に奪い取られた事件を信幸が家康に報じたおりの返事。家康は裁定の検使津田・富田の二人にまず知らせるように指示し、きっとその両人から秀吉に披露(報告)されるだろう、としている。
  [ 目録 ]

      <訓読>

  来書披見候。然れば、なくるミの事其の意を得候。左候へば、其の許  の様子京都の両使存ぜられ候間、則ち彼の両人迄其の方使者差し上げ候。定めて披露申さるべく候。将又(はたまた)菱喰十到来、悦喜せしめ候。猶(なお)榊原式部太輔申すべき也。
   十一月十日 家康(花押)
     真田源三郎殿