NPO長野県図書館等協働機構 信州地域史料アーカイブ

4.地域の記録

■小県郡民謡集 [解説] 

 明治一五(一八八二)年~昭和一二(一九三七)年。『小県郡史』の編集者として知られる。小県郡上武石村(現上田市)の生まれ。旧制上田中学から東京専門学校(現早稲田大学)に学ぶ。二年で中退し、検定試験に合格し正教員免状を獲得、小県郡内の教員を務めた。
 大正五(一九一六)年、小県教育会から推されて『小県郡史』の編纂に着手、大正一一(一九二二)年に完成、翌年には、『小県郡史余滴』も上梓した。この経験が、本書の編述に生きていると言える。さらに、後年、『武石村史』も手がけ、長野県史蹟名勝天然記念物調査委員も務めた。
 なお、本書と関わりのある論考として「信濃国小県郡地方言」(『風俗画報』四〇七 東洋堂 明治四三(一九一〇)年)がある。