NPO長野県図書館等協働機構 信州地域史料アーカイブ

4.地域の記録

■松代イラストマップ 

松代案内   34   慧日山長明寺
戻る

長明寺長明寺
長明寺長明寺

写真をクリックすると、フルサイズの画像が表示されます。

慧日山長明寺(けいじつざん ちょうめいじ)


宗派/浄土宗 本尊/本尊/阿弥陀如来

古くは矢代(現干曲市屋代)にあったが、その後更級郡杵淵村(現松代西寺尾)などを経て、文禄元年(一五九二)この地に移ったと伝わる。開基は寺尾氏。戦国時代の地侍で建久五年源頼朝上洛の際、寺尾太郎、寺尾三郎太郎がこれに従ったとの『吾妻鏡』の記事がある。浄土宗で山号は「慧日山」、本尊は運麦作と伝えられている阿弥陀如来。関屋川を渡る橋、重厚で美しい二層の楼門の「慧日山」奉額は六代幸弘の筆。上層には文殊菩薩と四天王が安置されている。白い小砂利の六字名号の石庭、「願いが叶う地蔵」といわれる六地蔵、寺尾氏の墓、徳本上人の碑などがある。国登録有形文化財。