NPO長野県図書館等協働機構 信州地域史料アーカイブ

4.地域の記録

■松代イラストマップ 

松代案内   9   山寺常山邸
戻る

山寺邸山寺旧山寺泉水路山寺
山寺邸山寺旧山寺泉水路山寺

写真をクリックすると、フルサイズの画像が表示されます。

松代藩の中級武士の代表的な家構えとセギが残る。江戸末期~明治初期建立の表門は長屋門形式、間口約二十二mで、現在松代城下に残る最大の門。渡り廊下でつながる書院は大正~昭和初期のもの。近代和風建築の傑作で「萬竹庵」の扁額がある。簡素な中にも力強さのある裏門も印象的。松代城下の代表的な風景として長野市が買い取って家屋を復元、屋敷内を公園化した。四季を彩る樹木や時代を経た美しい瓦などに配慮し整備。象山を借景とした庭園は、神田川の水を引き入れた池(泉水)と、下流の屋敷へと流れゆく清らかな泉水路。山寺常山(やまでらじょうざん)は、江戸後期から明治前期に活躍した儒学者・官吏。松代藩では、寺社奉行、郡奉行を務めた。藩主に従い江戸に出てから兵学、経学を学ぶ。松代藩では特に学問に秀でた藩士として、鎌原桐山(かんばらとうざん)・佐久間象山と並び「松代三山」、と呼ばれている。国登録有形文化財。国登録記念物(泉水、泉水路)。

〒381-1231 長野県長野市松代町松代1493-1 026−278−0260
開館時間 9:00~17:00(入場16:30まで)
休館日 原則無休
入場料 無料