NPO長野県図書館等協働機構 信州地域史料アーカイブ

4.地域の記録

■松代イラストマップ 

松代案内   4   文武学校
戻る

文武学校文武学校文武学校学問所
文武学校文武学校文武学校学問所

写真をクリックすると、フルサイズの画像が表示されます。

文武学校の西向かい、「文武学校の黒門」で親しまれる松代藩の藩校。八代幸貫が佐久間象山らの意見を入れ、藩士子弟の文武奨励を目的に、水戸の弘道館にならって創設された。九代幸教が意思を継ぎ造営、安政二年(一八五五)開校。敷地三〇八九ヘクタール、建坪一五〇五ヘクタール。漢学を学ぶ文学所と御役所、西洋砲術を学ぶ東序、漢方西洋医学を学ぶ西序の二校舎、剣術所、柔術所、槍術所、文庫蔵などがあった。近代教育を先駆けた象山らの影響もあり、各藩の藩校にあった孔子廟は孔子廟は設けていない。明治維新後も取り壊されることなく小学校校舎として使われ、建学当時の遺構をそのまま現存させている。現在も、小学校の授業で使うこともあり、また弓術場、剣術場や展覧会場などにも使われている他、映画や時代劇のロケにもしばしば利用されている。国指定の史跡。

〒381-1231 長野県長野市松代町松代205-1
開館時間 9:00~17:00(入場16:30まで)
休館日 1原則無休
入場料 一般160円 小・中学生60円
真田宝物館・文武学校との共通券:
一般400円 小・中学生150円
文武学校との共通券(真田宝物館休館日のみ発売):
※毎週土曜日と5月5日は小中学生無料
※9月第3月曜日と11月3日はすべて無料