NPO長野県図書館等協働機構 信州地域史料アーカイブ

2.紀行文・道中記、地誌

■善光寺道名所図会 [翻刻] 善光寺道名所図会 巻之二 

   画像13中央  現代訳
海の口へ弐里、大町は拾丁許、相対して巷をなす、繁昌の地にして
冨家多し、是より借馬・木崎・森・海の口・中綱・青木・佐野・沢渡
・飯田・飯堀・塩島新田・千国・大網・横川・白池[越後界なり、]迄凡十七里、
 
   (改頁)
 
東西巾五里程なりといふ、
○仁科古城[森村海の口といふ湖水の際にあり、森の古城ともいふ、]仁科氏代々住居なり、
 
 
   (略)
  
  
   画像15左  現代訳
○青木の湖を過て曠野あり、佐野村の内にて仁科街道なり、佐野の二
僧の塚は往還の左側に有り、傍に碑銘を建、高サ五尺はかり、巾三尺
程の石なり、苔むして文字鮮ならず、裏に二僧の哥を彫れり、
 
 
   (略)
  
  
   画像24右  現代訳
是より沢渡・飯田・飯盛・塩島・新田・千国・大網・横川・白池[越後の境なり、]を
経て、越後の糸魚川へ出るなり、又大町辺より右へ入り、戸隠通り善
光寺へ出る、しかれとも常の往還ならねバ、引返して本街道
松本よりの順路を記す、松本より岡田宿ヘ一里なり、