NPO長野県図書館等協働機構 信州地域史料アーカイブ

2.紀行文・道中記、地誌

■犀川を下る記 [解説] ~犀川通船・天竜川通船・千曲川通船の盛衰~ 

013


 
 長野県は日本列島の中央高地を占め、高山に源を発する大河は「流れ淀まずゆく水は 北に犀川千曲川 南に木曽川天竜川 これまた国の固めなり」と県歌「信濃の国」に歌われています。
 これらの河川は、日本海、太平洋へと注いでおり、江戸時代後期から明治期は犀川通船、天竜川通船、千曲川通船が活発で、物資や人を運ぶ重要な動脈となっていました。