NPO長野県図書館等協働機構 信州地域史料アーカイブ

1.震災・火災・水害等災害の記録

割田家文書 [現代訳] 

     恐れながら書付をもって申し上げます事
一高百八十四石七斗三升一合
     内
   九十五石五斗二合    水田
              水深は一丈余り
   八十九石二斗二升九合  畑作
              右と同じ
     内
    八十一石程      長い間荒廃した田畑、水害で使用できなくなった田畑
一道堰            堰が砂で埋る
               村道に損害をこうむる
一田畑            田畑に砂泥が入る
               畑の土が洗い流される
一家十二軒          流れ家七軒
               つぶれ家五軒
一籾百俵           御蔵籾ですので
  内            百姓、数多く物を流す
   二十四俵水入り
 七月二十九日の暮より雨が降り、夜中より一日まで一日中大雨で千曲川が満水になる。山の沢より急に水が押出し、川通り畑の菜・大根・木綿・大豆に水が入り、田にも水が入りました。水の入った田畑の大方を書いてご報告します。もっとも窪みの場所はいまだに水が引きませんので、水が引きしだい反別を改めて調べ、のちほど調査を御願いいたします。この度の水が入った分の大方をご報告いたします。
           笠倉村百姓代  又 六(印)
   八月六日       組頭  六右衛門(印)
              組頭  利左衛門(印)
              庄や  九郎右衛門(印)
   中根官太夫様