NPO長野県図書館等協働機構 信州地域史料アーカイブ

1.震災・火災・水害等災害の記録

寛保二戌年満水御届書 [翻刻] 

            画像3
別紙申上候當朔日就
満水、私領分田畑損耗并
民家其外損失之覚
 
一、高六万千六百弐拾四石余 [本田 新田] 共
        村数百八拾弐箇村
   内訳
  田方 三万七百五拾石余
   但泥水砂利深サ八、九尺より
   三丈迄押懸、七、八日湛水腐
   仕候付、皆無与相見江申候
   尤川欠其外永之開発
   難成場所茂御座候
  畑方 三万八百六拾九石余
   右同断皆無与相見江申候
一、用水堰損埋 三万三千七百九拾間余
一、土手押流損 壱万四百八拾間余
一、道損    三万千六百四拾間余
一、大小橋流  百九拾七箇所
一、山抜    九百八拾八ヶ所
   但、田畑江押懸申候故永悪之
   場所多御座候
一、寺流    四箇寺
一、流家    千七百三拾三軒
一、潰家    八百五拾七軒
一、半潰家   弐百五拾四軒
一、流船    弐艘
一、流死人   男四百七拾人
        女七百五拾人
一、流死馬   五拾壱疋
一、流木    九千弐百本余
 
 右之趣御届申上候
 
 八月廿一日  真田豊後守