NPO長野県図書館等協働機構 信州地域史料アーカイブ

1.震災・火災・水害等災害の記録

寛保二戌年水害御届書 [翻刻] 

            画像3
 先達申上候通、私在所信州
 松代従去月廿七日雨降続同
 廿九日夜中大風雨當朔日従
 未之刻千曲川・犀川其外川々
 満水千曲川定水ニ二丈五尺余
 増水仕、城内并侍屋鋪・町家
 損失之覚
一、本丸二丸三丸并居宅床上三尺
  所ニより四、五尺泥水押込申候
一、御用米蔵城下迄泥水入
  御用米五百石泥下罷成用立
  不申候
   但随分防候得共急水押懸退合
   不申(候)、右之通御座候
一、本丸東之方石垣高弐間、南北
  四間余崩申候
一、同所南之方桝形石垣高壱間
  三尺西北折廻三間余崩申候
一、同所塀拾五間余倒申候
一、同所橋落  弐ケ所
一、二丸塀所々都合六拾六間余
  倒申候
一、同所橋落  壱ケ所
一、三丸塀拾三間三尺倒申候
一、同所柵弐拾間余倒申候
一、堀之泥砂入過半埋申候
一、城付武具蔵江砂泥押込武具
  過半用立不申候
一、侍屋敷百拾三軒泥砂押込
  及大破候
一、城下町大小橋流  五ヶ所
一、同流家     七十五軒
一、同潰家     百六軒
一、流死人     男拾六人
          女二十三人
一、流死馬     拾五疋
 右之通城内并侍屋敷町家
 損失流死等仕候間御届申上候
 以上
  八月廿一日     真田豊後守