NPO長野県図書館等協働機構 信州地域史料アーカイブ

1.震災・火災・水害等災害の記録

寛保二壬戌歳満水記 [翻刻] 

 
  (改頁)      画像2
    松代満水の記
頃ハ寛保二壬戌年夷則(七月)廿八鳥丑三つの時に、雨そふり出、廿九日ふり
つふらす、陰々としてうるさきのみなりし黄昏に及ひ、俄にしのを
たはねてつくことく、風さへましひて降けれハ、軒の沽滴砂石
を流すか程こそあれ、八朔の戌の刻より千曲川満水に及ひける
に、山々諸々崩るゝ音百千の雷かと驚耳目けるに、水押し出し、
沢々にあふれ、高浪打て押ける程に、刹那つうちに松代へ入、
御城をひたし、士農工商家屋江水押入、梁江登り或ハ家の棟へ
破り出てまたがり居て、隣家の人と声を合、いかに/\と云声のみに
かまびすしく、あわれとやいわん、よばわる声、きやうくわん大きやう
くわん目前にありて、耳のふたとなる、馬ハつながれながらにして
死す、家を流し、或ハ半潰、流家留る所を不知親子互に救ふ
とならす、漸二日午之刻ニ至りて水落る、高き所に住居せし家々に
 
  (改頁)      画像3
皆人縁により或ハ手寄りを求め退きける、水落るといへともいまた高浪
をわけ、長高き人の股わたりにて越しける者数をしらす、児共ハ男女に
負れてあなたこなたあふとて膽をひやし、涙を流してゆくもあり、女ハ
水またふかきてゆへひこつりゆくもあり、かゝる所に郷村より家を流し、或ハ
流死櫛のはを引かことく訴出ることふ(筆)んてかハくまもなし、天変地変
不珍といへとも、此地に於てハ人不覚、今更の様ニ〓《コウ》りあへり、或ハ親流れ
子残るもあり、子流れ親残るもあり、類門不残流れたるもあり、残れる者ハ
泪袖をしぼり、わかれおしむ事筆に不及、余所の袖さへうるをせり、
いはんやうれへる人におゐておや、或ハ器物を流し、或は穀物を流し、當時の
難義、農ハ田畑を流し、行末如何成行んと心を苦しめる多し、兼好法師
か世か定めなきこそいみしけれと云しも、耳にも入らさる時節となりし
もおかし、此地におゐてハ、前代未聞の有様なれハ尓云、
 干時寛保二戊歳南呂十烏 松代仕士 原氏正盛敬書
 
  (改頁)
 
寛保二壬戊年七月廿八日ヨリ廿九日、殊ニ廿九日黄昏ヨリ
大風雨卜成り、八朔戊の刻ヨリ川々大満水、
松代 御城ヲ始メ、御城下家屋流失并ニ水押入、十万石御領分
村々ヨリ届出之写、
  殿町通り
一三拾間塀流 鎌原兵庫
一四間塀流  鎌原縫殿
一二拾間塀潰 矢沢矢治摩
一廿九間余塀潰 袮津甚平
一廿間半塀潰 大熊五郎右衛門
一廿四間塀潰 袮津三十郎
一拾二間塀浦通り潰 海野大右衛門
一六間半塀潰 恩田靱負
一拾間塀潰  岩崎四兵衛
一二拾間塀潰 恩田織部
一[六間長屋潰 四間塀流] 塩野左門
一拾三間塀流レ 藤田助之丞
一廿間塀潰  原半兵衛
一廿一間塀潰 袮津権大夫
一[四間長屋潰 二間塀半潰] 袮津式右衛門
一拾六間塀潰 樋口覚兵衛
一六間塀潰  菅 杢之進
一七間塀潰  成沢庄蔵
 
  (改頁)      画像4
一三拾間塀潰 青木浪江
一拾八間塀潰 赤沢七郎右衛門
一[廿二間塀潰 南ノ方半潰] 出浦半平
一[拾間塀流 二間門流] 矢沢修理
一廿八間塀潰 小幡長右衛門
一[廿六間塀流 九間長屋流] 池田 亘
一四間塀流  矢野半左衛門
一三間塀潰  片岡志津馬
一八間塀潰  福田又四郎
一五間塀潰  安藤友弥
一四拾四間塀潰 樋口武左衛門
一七間塀潰 前島助之進
一拾弐間塀流 十河嘉兵衛
一[拾間塀流 表通り半潰] 岩崎玄蕃
  右者表通り計破損改、屋舖内破損不改、
  清須町通り
一三拾八間塀流 赤塩三郎右衛門
一九間塀潰  蟻川源五兵衛
一三間塀潰  佐久間喜 膳
一[五間長屋潰 五間塀潰] 坂巻友之進
一拾壱間塀潰 前島友之進
一拾三間塀潰 上村千治郎
一拾七間塀潰 明屋敷
一弐拾壱間塀潰 相沢治郎右衛門
 
  (改頁)
 
一拾九間塀潰 小松藤四郎
一居宅潰   和田半助
一八間長屋潰 小泉平助
一拾間塀潰  小泉小四郎
一四間塀潰  中村周伯
一[拾二間塀潰 門口潰] 小幡惣左衛門
一[八間長屋流 八間塀流] 樋口弥兵衛
一拾六間塀流 桑名文左衛門
一[八間長屋潰 十二間塀潰] 大森作左衛門
一[七間長屋潰 六間塀潰] 白川甚左衛門
一拾七間塀潰 常田市郎右衛門
  竹山町
一拾三間塀潰 池村与右衛門
一弐間半塀潰 友野松之助
一[六間長屋潰 三間塀流] 関口軍蔵
一四間余塀流 山寺庄左衛門
一拾四間塀流 金子勘左衛門
一弐拾間塀潰 鈴木右近
一三間長屋潰 長谷川新蔵
一[七間長屋潰 十六間塀潰] 〆木兵左衛門
一[四間長屋潰 居宅打潰] 佐野友左衛門
  代官町
 
  (改頁)      画像5
一六間塀流  窪田新平
一十二間塀流 井上伝右衛門
一廿五間塀流 児玉与四郎
一拾三間塀流 和田伊右衛門
一拾四間塀潰 川口利右衛門
一弐拾二間塀流 大日方七右衛門
一九間塀流  成沢勘左衛門
一恵明寺長屋借宅流レ、川口庄兵衛妻子トモ三人流死、
一家不残流  沢十大夫
一長屋半潰  興津民之進
一家不残流  山寺藤八
一居宅潰   大島武左衛門
一両御厩御馬流死合三拾弐疋
   内上御厩ニテ流馬十七疋
    下御厩ニテ流馬十五疋
  松代之内橋流事附御領内訴出時分不残村順訴次第不同
一木町橋 一紺屋町橋 一片端(羽)町橋 一御馬出橋
一上御厩脇橋 一下御厩橋
 
  (改頁)
 
  此外諸所小橋数々落
一八拾三軒[流家 潰家]共ニ流死一人、流死馬一疋
   新馬喰町
一九軒流家   一拾間(軒)潰家弐拾七人流死、
   西寺尾村
一五拾三軒潰家 一弐軒流家、流死拾三人、内[男三人女十人]
   内川村
一四拾壱軒流家 一四拾九人流死、但流死馬弐疋
   東寺尾村
一七拾五軒流潰家共ニ 一流死男壱人
   東福寺村
一四拾壱軒流家  一流死拾三人、内[男八人女五人] 流死馬一疋
   矢代村     
 
  (改頁)      画像6
一三拾四軒流潰共二、流死無之、田畑砂入、
   町川田村
一拾八軒流家   一流家四人、山抜四ケ所
   柴 村
一四拾軒余流家  一男女共七拾人流死、
   小出村
一用水川除押払、田畑不残川欠砂入之旨訴之、
   清野村
一屋舗家共弐拾六軒半潰 一山抜弐拾弐ケ所、往還道五拾間抜、
   桑根井村
一道拾八間、堰八ヶ所水破、
   平林村
一道六拾間 堰拾壱ヶ所山抜水破、
 
  (改頁)
 
   仁禮村
一流家五拾軒 男壱人流死、諸所抜道五拾間損、山抜田地損申候、
   八町村
一三拾四軒、流潰屋共、男女四人流死、
   小河原村
一弐百五拾間道水破、二百六拾間橋場迄、百五拾間塩川橋通、
   大熊村
一諸所山抜、道二百間、田畑水押入、家潰拾軒
   大室村
一三拾壱軒流家、拾軒潰家 男壱人女五人流失、流馬壱疋、道三百間水破
   牧内村
一拾壱軒潰 拾軒半潰 八拾五ヶ所山抜、田畑大形破石砂入、
   大塚村
 
  (改頁)      画像7
一田畑水入、其外別事無之、
   幸高村
一砂入田畑少々、外別義無之、
   関崎村
一船頭家四軒 人数弐拾六人之内二人残、不残流死、
   東川田村
一家拾九軒押流、田畑不残砂入、
   川合村
一家五拾壱軒流失、男女八拾壱人流死、内[三十五人女四十七人男]
   西条村
一家拾壱軒流 男壱人流死、
   里村山村
一家二拾弐軒流 男弐拾弐人流死 九百五拾間ノ土手押破、
 
  (改頁)
 
   布野村
一家七軒流 大橋流 道千五百間余損申侯、
   福島村
一弐拾六人流死、内[十人男、十六人女] 二拾八軒流家、新田分家也、潰家弐拾壱軒、
 本田分潰家拾五軒 流家二軒〆五拾六軒ノ水失、馬一疋流死、土手押流
    九拾間余、馬道三分一損之、
   上五明村
一男女合五拾八人流死 馬弐疋流死、
   上山田村
一弐拾八軒山抜水潰、内七軒山抜埋申侯、田畑不残砂入、
   仙仁村
一山沢押出、家拾壱軒流、内[寺壱軒 袮宜家一軒] 御用木五百本余流、田畑砂入、用水堰
 拾町押抜、
 
  (改頁)      画像8
   上平村
一用水堰土手押切、田畑不残砂入、
   新山村
一用水堰山抜押拂、田畑砂入、堰押埋、
   網懸(掛)村
一大口六ケ村用水堰口破脚却、本田新田共ニ砂入泥入、
   湯田中村
一家三軒流、道千百軒程損、田畑共に山抜諸所多、
   佐野村
一家三拾壱軒流、道五百間損、田畑砂入、
   沓野村
一家拾四軒流 渋湯湯坪共ニ押払、
   保科村
 
  (改頁)
 
一家七拾八軒内[五十一軒流二十七軒潰] 流死七人、御用漆木大小七百本流、
   御平(幣)川村
一家五拾八軒流 男女四拾六人死失水難、
   東条村
一家拾壱軒流、潰家拾弐軒、〆弐拾三軒、草山弐拾ヶ所山抜、男女十一人
 不見、
   会 村
一家弐拾軒押流、男女七人流死、弐拾人水溺レ、半死九人退ニヤ、尓今不
 見、田畑水入、
   四屋村
一犀口三堰上下幅六間、同所両堰九間余押切り埋り、五尺余大ロヨリ
 百間余、但高堰迄、中堰下幅九間余押入埋り四尺余、大ロヨリ九拾壱間
 余、下堰両待居不残押拂、
 
  (改頁)      画像9
   上横田村
一家五軒流、潰家六軒、拾三人流死、
   下横田村
一家四拾弐軒 内拾九軒ハ流、壱軒ハ潰、相残半潰、橋三ヶ所流、
   倉科村
一草山三拾五ヶ所山抜、家三拾五軒潰流共二、男女拾一人流死、
   田中村
一家八軒潰 男壱人流死、田畑不残泥入砂入、
  小森村
一家弐拾九軒流 拾壱人流死、内[六人男 五人女]
  牛島村
一流家弐拾弐軒、潰家五拾軒、残家半潰、人弐拾六人不見、追而委細可申出旨、
   小布施村
 
  (改頁)
 
一川除不残押払、居家敷水入候得共、破損無之、
   鬼無里村
一諸所千間程道押払、
   栃原村
一折橋 木駄橋、此外小橋諸所落申侯、
   石渡村
一浅河原吉田ヨリ押出、用水堰不残押払、田畑不残砂入二罷成侯、
   八幡村
一男弐人流死、田畑本田新田石砂入、川欠山抜押出シニ而損、
   東条村之内荒町村
一家三軒流、拾弐軒半潰、砂入潰家二軒、田畑砂入川欠、
   若宮村
一家七軒流、四軒半潰、田畑諸所砂入、
 
  (改頁)      画像10
   南堀村
一浅川原土手吉田方押切、田畑過半砂入、
   牧島村
一家三拾弐軒流 男壱人女壱人流死、田畑砂入数多、
   南俣村
一煤花川諸所押切、田畑砂入、
   千田村
一煤鼻川岡田村ヨリ水押切、田畑石砂入数多、
   向八幡村
一家弐拾八軒、流潰共、女壱人流死、馬壱疋流死、抜崩田畑砂入、
   千本柳村
一家弐拾五軒流、二人流死、馬壱疋流死、田畑砂入、
   土口村
 
  (改頁)
 
一家三拾三軒潰流共ニ、道三百間損、五人流死、内壱人女、馬壱疋流死、田畑砂入、
   北尾張部村
一八幡川・浅川押出、并イブク川出水、田畑損、
   布施高田村
一家三軒流、田畑砂入泥入、大道四百間損、
   北高田村
一湯福中沢古川八幡堰用水押切、田畑砂入、家拾四軒砂入、
   上高田村
一田畑砂入泥入、
   二柳村
一家弐拾軒流、男九人女拾九人見へ不申、退申侯哉、尓今不相知、馬二疋不見、
 柳沢土手五拾間余、滝沢土手拾五間、日方沢土手弐拾間、犀口土手
 三拾間、シブタ堰土手三拾間押切、
 
  (改頁)      画像11
   岩野村
一男五拾八人、女百弐人流死、馬弐疋流死、田畑川欠砂入残不申、家百
 四拾四軒流、往還道六百間押払、
   森 村
一家弐拾四軒流、砂入押潰共、男女七人流死、道三百間余押抜、
   上屋村
一用水堰諸所抜落、人馬通用不自由二御座候、
   羽尾村
一用水堰橋落山抜弐ケ所、田畑数多損、
   鼡宿新地村
一右両村用水堰弐百間余川欠、大堰口欠入、
   泉平村
一道橋欠抜、戸隠往来当分成不申、尤多ハ山抜破損申候、
 
  (改頁)
 
   桜 村
一田地道橋共諸所押払申候、山沢或ハ山抜水ニ而押払、
   小島村
一押出水急ニ家へ押込、家財相流、田畑水入多御座候、
   布野村
一流家七軒、潰家拾壱軒、三人流死、田畑川欠水入砂入土手二百五拾間流、
   上徳間村
一家六拾七軒流、内壱軒御蔵、本田新田不残川ニ成、又ハ欠、砂入流、田少茂
 難ニ合不申所ハ無之、男女六拾五人流死并ニ馬弐疋流死、
   粟佐村
一家六軒水押潰、本田新田数多砂入泥入、
   腰 村
一山抜道少々御座候、
 
  (改頁)      画像12
   青池村
一山抜クツカヘリ田畑山抜砂入、
   広瀬村
一用水堰道橋諸所抜落、田畑山抜諸所、家屋敷砂入、
   吉田村
一浅河原土手押切、堤二ヶ所埋リ、道三百間余押抜、橋流、田畑諸所
 砂入、
   仁禮村
一道橋諸所崩、往還通路不成、
   上平村
一山抜水押出、男三人流、田畑砂入、山崎土手廿五間押流、次町土手二百六十
七間流、十二沢土手八拾間余損失、
   相野嶋村
 
  (改頁)
 
一流家弐軒、田畑大形押抜流、土手六拾三間流、
   生萓村
一家七軒流、内[壱軒 山抜押流]八軒潰家、田畑泥入、板橋四ケ所流、其外道堰損多、
   下祖山村
一山抜大岩崩落下、内堰・川場堰・アマ池堰・砂田冲堰・四ケ所押崩、其
 外諸所道橋損、
   北長池村
一家六軒潰流、新田居屋敷水押、
   中沢村
一家四軒流、男壱人女弐人流死、田畑不残泥入砂入、
   中御所村
一煤鼻川出水、往還道諸所損、家居水入砂入、田畑水押、
   植(上)松村
 
  (改頁)      画像13
一山抜水押出、諸所堰形見へ不申、
   檀田村
一流家六軒、男壱人女弐人流死、裏堰土手四百五拾間前堰土手
   竹生村
一道六ケ所山抜、市坂島田用水堰大形抜ケ申侯、御林大抜木損シ、
   小島田村
一家五拾軒流潰、男女七拾七人流死、西入寺護摩堂流、家壱人流死、
 馬壱疋流死、
   杵淵村
一家四拾六軒、内[二十五軒流二十一軒潰]男女六拾三人流死、
   石川村ニッ柳村
一上堰土手百間程押切申侯、河原堰五拾間、氷沢堰五拾間程押切、家拾壱軒
 押拂申、但石川分
 
  (改頁)
 
   久保寺村 小柴見村
一弐百弐拾間程煤鼻川堰形押切見へ不申、両村六合場所五拾軒
 金山沢抜押埋、六拾五間大沢損、二百間寺沢用水堰土手一面埋り申候、
 百間余寺沢通屋鋪大形砂入、
   加賀井村
一家六軒潰、山抜弐八ヶ所、寺尾ヨリ山抜九ヶ所
   大熊村
一六百間余居村通山抜、水押出、山手ヨリ沢崎迄砂水二て道押崩、
 百間余土手流、桜沢境ヨリ篠井境迄百五拾間道損、橋損十九
 ヶ所、弐百間余用水堰砂押埋り、
   和佐尾村
一山抜水押出、田畑砂入、川欠二罷成候、
   地京原村
 
  (改頁)      画像14
一家六軒石入、砂埋半潰、田畑山抜砂入、川欠損シ、
   押鐘村 宇木村 下宇木村
一三ケ所用水堰弐百間余押払、拾間余高サ壱丈余、堰待共二五十間
 余、高壱丈六尺、山道共二押抜申候、
   和田吐唄村
一橋道諸所山抜ニテ損シ申侯、川欠押払、諸所ニ御座候、
   伊折村
一田畑石砂押、山沢水諸所損シ、用水堰道橋押払申侯、
   中牧村
一足沼堤土手拾二間、沢水二而押払、新町通道廿八間余押抜、
   水内尻組
一山抜水押出、田畑押流砂入、
   埋牧村
 
  (改頁)
 
一田畑山抜水押出、山抜石砂入、
   馬曲村
一田畑山抜川欠石砂入、諸所多、
   夏和村
一鬼無里ヨリ新町道拾五間抜落、通路無御座候、
   高野村
一田之頭ヨリ大沢堰迄六ヶ所山抜、土手押切、田畑石砂入諸所、
   小根山村
一田畑諸所山抜欠、西堰東堰道橋諸所損、
   奈良井村
一家四軒山抜、田畑砂入、道橋諸所損シ、
   押鐘村
一用水堰五拾間、深サ弐丈抜申候、下堰二百五拾間、深サハ丈程抜申候、
 
  (改頁)      画像15
   椿峯村
一田畑諸所山抜、石砂押、其外道橋損諸所、
   黒沼村
一五十平村橋詰村通用道諸所損シ申候、
   稲積村
一田畑諸所砂入、御普請土手五ヶ所押切、
   氷熊村
一山平林村ヨリ安庭迄之道損申候、
   鹿谷村
一道橋諸所損申候、田畑家別儀無御座候、
   長井村
一田畑山抜川欠石砂入諸所、道橋損シ申侯、
   宮野尾村
 
  (改頁)
 
一田畑諸所石砂入、山抜道橋損シ申候、
   梅木村
一家弐拾一軒抜損、道橋抜損シ、用水堰七口抜申侯、
   山平林村
一潰家三軒、田畑諸所石砂入、水見沢油沢道損申候、
   青木村
一田畑川欠山抜、用水堰三口抜、道損シ申候、
   大安寺村
一方々通用道大行道共ニ抜損、通用不自由ニ罷成候、諸所用水堰
 クヱカヘリ申侯、
   岩草村
一用水大破、諸所損、七百間程道損、六百五拾間皆山抜、水押出損申侯、
   専納村
 
  (改頁)      画像16
一山抜水押出、道橋諸所損申侯、
   中沢村
一古川通柳御用木不残流申侯、
   町続町外在郷分
   新馬喰町
一家数拾九軒[流家十軒 潰家八軒] 外下屋敷弐軒流潰
   紺屋町之内大信寺分
一大信寺長屋潰弐軒
   竹山町西条村之分
一流家壱軒、潰家壱軒
   西念寺境内
一家五軒、皆潰家ナリ、
   御廐町
 
  (改頁)
 
一家三軒皆潰家ナリ、流家壱軒下田町分
   荒町東条村分ナリ、
一家七軒ノ内流家三軒、潰家四軒
   柴町末在郷分
一家四軒皆流家、同所下屋敷之内壱軒流家
   上田町
一流家壱軒 外下田町流家壱軒、潰家壱軒
   下田町同心町
一家弐拾弐軒
  町外町続 小以七拾弐間(軒)、内流家弐拾四間(軒)、潰家四拾九軒
 惣村数〆百八拾八ヶ村、但村続順ハ訴出次第筆記、依之次第不同、
 水難家 
  惣合弐千九百拾四間(軒)、内流家千七百五十五軒、潰家八百五十七軒、
                          半潰三百弐軒
 
  (改頁)      画像17
 流死人
  惣合千二百弐拾人 内男四百七拾人、女七百五拾人
 流死馬
  惣合六拾四疋 内上馬三拾弐疋、駄馬三拾弐疋、
 道抜水難
  惣合三万千六百四拾壱間[町ニ〆五百弐拾七丁、里数ニ〆拾四里十七町余]
 諸所山抜
  惣合九百八拾八ヶ所
 諸所流木
  惣合九千弐百拾八本
 本田新田水難高在々書上
  惣合六万千六百弐拾四石三斗五升 水損
右者松代御領切にてさへかくなん、御料所私領信濃国不残すへて
 
  (改頁)
 
見ハ、水難いくはくそや、物くるおしき時節到来、天地の変と
いはんこそ、むへ成へし、
    (以下 国々水難御大名様方聞傳之覚之事あり、略す)