NPO長野県図書館等協働機構 信州地域史料アーカイブ

1.震災・火災・水害等災害の記録

寛保2年 戌の満水 原町問屋日記より [翻刻] 

  (改頁)      画像1
 
(改頁)
 
一 八月朔日風雨前代未聞満水、助右衛門所持之小牧村下川原田畑四表半
  蒔、畑九丁鋤、常田分五丁鋤永荒成申候。
一 田中宿亡所、問屋長之助流死、家内之内左太夫無難、不残流死。
一 海野宿半分亡所、残砂流入埋亡所同前、海禅寺村、深井村、
右同断、下塩尻下村亡所、中島、新屋亡所、大日向、横沢久
保、軽井沢、大庭亡所同前。
一 川中島、稲荷山、塩崎亡所同前、岡田砂入其外壱万石之内無難。
一 川東通松代大変、下越後大水。
一 江戸大水、五百羅かんはふ迄水つき申候由、上州筋大水、熊谷
  土手三ケ所切れ候、阿部豊後守様御城下大変。
一 小諸六句(供)、田町、本町亡所、流死三百四拾人、馬拾四疋、流潰家弐百七軒
      尚御城下之分此外通かゝり候旅人数不
知申候、本陣、問屋、庄や流死。
一 佐久郡大変。
一 諏訪無難、長久保、あした中山通(ママ)之内、望月宿砂入、其外ハ田畑。
大分損事候得共、宿々ハ差而之儀無之候。
一 近所川筋流死、秋和正福寺中へ無縁塚被 仰付候。