NPO長野県図書館等協働機構 信州地域史料アーカイブ

1.震災・火災・水害等災害の記録

寛保三年三月復旧方懇願書 [翻刻] 

 
            同文二種あります。
 
      画像1   画像3
    乍恐以書付奉願上候口上之覚
一中山道望月新町之儀、本町ニ相続候
 在所ニ御座候得共、鹿曲川橋壱筋へ
 たゝり申ニ付、別高ニ而罷有候、勿論
 本町ニ引続候ニ付、加宿同前(然)ニ昼夜
 往還御用相勤、御大名様方御往来之
 節ハ、下宿等相勤申候、殊ニ満水ニ而橋
 落申候節者、上り之御家中様方相勤申候、
 然所ニ去八月満水ニ付、居家四拾七軒、
 其外蔵・長屋等迄不残流失仕、屋敷・
 往還共ニ当時川筋と罷成、人馬ちりくくニ
 退転仕、難義(儀)千万迷惑仕候、依之
 御地頭様より度々御救表(俵)被下置、是迄
 身命引続罷有候、此度 吉田久左衛門様      画像2
 御見分被成下候節、川除之住(注)文差上ケ候
 通御普請被為仰付被下置候ハヽ、難有      画像4
 奉存候、尤本町より去冬江戸表江御普請
 願ニ罷出候絵図表江も、新町之流失仕候
 趣絵面ニ載り申候、此度御見分之上川除
 御普請被成下置候ハヽ、難有奉存候、
右奉願上候通り、以御慈悲御普請被為仰付
被下置候ハヽ、難有奉存候、以上、
     信州中山道望月新町名主
  寛保三癸亥年三月     源右衛門 (印)
          同所組頭 善 兵 衛(印)
          同    作右衛門  (印)
          百姓代  仲右衛門 (印)
 道中御奉行
    御役所様