NPO長野県図書館等協働機構 信州地域史料アーカイブ

1.震災・火災・水害等災害の記録

寛保三年三月復旧方懇願書 [現代訳] 

   恐れながら書付をもって願い上げ奉る口上の覚え
一、中山道望月新町は、本町(望月宿)に続く村ですが、鹿曲川の対岸にあり、橋で本町へ続いているので、村高はそれぞれ別になっています。もちろん、本町に続く村なので、望月宿の加宿同然に昼夜往還御用を務めています。御大名様方往来の節は、下宿なども務めています。ことに鹿曲川が満水で橋が落ちた時には鹿曲川を渡ることができないので、京都へ向かう上りの家中様方の宿も務めます。ところが去年八月の満水によって、住宅四十七軒、そのほか蔵・長屋などまで残らず流失し、屋敷跡・往還跡は川筋になり、人馬は散り散りになっていなくなり、難儀しています。そこで御地頭様よりたびたび御救い米をいただき、これまで命をつないできました。このたび吉田久左衛門様がご見分して下さった節に、お願いしたとおりに堤防工事をしていただければありがたく存じます。もっとも、本町より去年の冬、江戸表へ堤防工事のお願いに出府した際に持参した絵図にも、新町が流失した状態が描かれています。ご見分のうえ、堤防工事をしていただければありがたく存じます。
右にお願いしたとおりに工事をしていただければありがたく存じます。