NPO長野県図書館等協働機構 信州地域史料アーカイブ

1.震災・火災・水害等災害の記録

寛保三年二月宿の堤防工事嘆願書 [現代訳] 

   恐れながら書付をもって願い上げ奉る口上の覚え
一、望月宿は去年戌八月の大満水によって伝馬役屋敷二十軒ならびに裏家・土蔵・木小屋などまで流失しました。このたび見分していただいたとおりです。そのうえ田地もおびただしく流失し、伝馬役を務めかねる困窮状態です。そこで先に宿場の堤防工事をお願いしましたが、今回流失しないで残った田地の堤防工事を、別紙帳面のとおりお願いします。もっとも、田地の堤防工事をしていただいても、宿場を維持できなければ、田地を所持している甲斐がなく、宿場としての御用を務めることができず難儀です。そこでお願いしたいのは、田地の堤防工事はしていただかなくても、宿場が維持でき、伝馬役を務めることができるように、宿場の堤防工事をしていただきたいということです。田地の堤防工事の金を拝借できたら、田地の堤防工事はおいおい自分たちでします。まず宿場の堤防工事をしていただけば、宿場を維持することができ、往還御用を務めることができありがたく存じます。