NPO長野県図書館等協働機構 信州地域史料アーカイブ

1.震災・火災・水害等災害の記録

寛保二年十一月堤防工事嘆願口上書 [翻刻] 

      画像1
 
    乍恐以書付奉願上候口上之覚
一当八月朔日洪水ニ付、鹿曲川満水望月宿
 北側ニ而御伝馬役屋敷弐拾軒、其外裏家
 並土蔵・木小屋・物置・厩等不残流失仕、相
 残り候家当時軒下川筋と罷成、住居不
 罷成躰難儀仕候ニ付、御領主様より御救俵
 度々被下、其上当時水除普請被成下候
 得共、川筋悪敷故其後ニ少々之出水ニ而
 押払、只今之分ニ而者御伝馬諸御役儀
 等勤兼、次ニ耕作仕付候方便茂無御座、
 渡世不罷成困窮至極仕候、御慈悲を以
 川除御普請被成下置候ハヽ難有奉存候、
 以上、
        牧野内膳正領分
        中山道望月宿問屋
 
      画像2
 
  寛保二戌十一月         久左衛門 (印)
            同所名主  半 兵 衛(印)
              年寄  与三右衛門(印)
              同   文左衛門 (印)
              同   藤左衛門 (印)
              同   祖右衛門 (印)
              同   喜右衛門 (印)
              同   庄 五 郎(印)
              同   茂右衛門 (印)
             惣百姓代 惣左衛門 (印)
 道中御奉行
   御役所様