NPO長野県図書館等協働機構 信州地域史料アーカイブ

1.震災・火災・水害等災害の記録

寛保二年大洪水余禄 [翻刻] 

      画像1
 
「寛保二年大洪水余録」
 
  (改頁)      画像32
 
同年七月一日ハ戌午ノ日
同月廿九日ハ丙戌日也、
晩七ツ時より雨降出し
六ツ時迄降相止、又六ツ
半時過自リ降出し
夜中無止事降続キ
夜之明ケ時より猶又
甚々強ク降出し、八月
朔日丁ノ戌日ナリ、然所ニ朝五ツ時、甚々鳴事
夥敷、諸人不思議之
思なし、色々ト評判
をいたし、沙汰候内ニ
段々となり近付候
所ニ、法印坊沢より
蛇水押来リト(虫食い)
驚キさわく(虫食い)
 
  (改頁)      画像33
 
水煙リ天ニ上リ(虫食い)
但々屏風立シ(虫食い)
沢かと、又者廻りめニ而
五丈も六丈も上江水
先押上ケ、大石小石ヲ
雨之降ることくニ
二三丈高クおとり上ケ
石すれニ而霹靂之
ことく水中ヨリ火
花ヲちらして水
押来、与良口木戸
〓《ヒサ》シより高ク水
はね、押通リ、一文字ニ
橋を押落シ、御構之
柵之木を押払へ
十王堂之広庭(ヒロニワ)江
水押上ケ、御番所之
ふみ石迄水押上ケ候
たちまに両掘れて
かけ入ル、其ひゝき
大地震之入ことく、又
 
  (改頁)      画像34
 
雷之鳴がことし
此時、松井とにこり沢
御城下之田畑一時ニ
押損事候、此時之水ハ
一番水又二番水三番
水迄押出し候、右
同時ニ浅間山真楽寺
之入ニ寺沢と申所
より与良口ことく
なる水同事ニ押出し
堂く并ニ社地計リ
残シ、其外家者
不残押流シ、人馬并
御僧方押流、行方
知れす死ス、右之
水与良下持之くりや
川并ニ乙女川ヘ押出し
田地夥敷押流し
大小共ニ及難(虫食い)
 (下略)