NPO長野県図書館等協働機構 信州地域史料アーカイブ

1.震災・火災・水害等災害の記録

寛保二年九月上畑村水災につき当立毛御見捨願 [現代訳] 

   恐れながら願書をもってご訴訟申し上げます
一、当八月一日・二日の大満水によって、田畑はいうまでもなく、家屋敷・家財・食糧・衣類・種物・諸道具・糞・灰まで、残らず流失し、御役所より下された物も全くありません。もっとも、これ以前から困窮した百姓でした。当八月の大満水によっておびただしい田畑・家財が流失したので、鎌・鍬・諸道具を購入する代金がありません。そのため田地を開発するすべがありません。わずかばかりの田地ですので、今年の収穫は前々の補いになっていて、当暮れからは飢え、渇き命にかかわりますので、今年の収穫への課税は免除して下さるように(お願いします)。そうすれば大小百姓ありがたく存じます。