NPO長野県図書館等協働機構 信州地域史料アーカイブ

1.震災・火災・水害等災害の記録

寛保二年八月 上畑村水災救恤願 [翻刻] 

            画像1
 
   乍恐願書を以御訴詔申上候御事
一当八月朔日之夜中より二日之朝迄大満水ニ而、千曲川・大石川・
 飯塚川・沢入川四ケ所之川一つ罷成当村家居江押掛ケ、流死
 之者男女弐百四拾八人、流失家百四拾軒、流失馬弐拾五疋
 御座候、相残候家纔《ワズカニ》弐拾七軒御座候得共、柱・壁等押ぬき石砂
 押込、家財雑物不残押流給物すきと無御座、只今迄之
 村者干曲川本瀬ニ罷成申候御事@
一当村高四百七拾石五斗余之村方ニ御座候、前々より甲州・
 越州江之馬次在所ニ而、 御巡見様御通被遊候節ハ御
 宿茂被 仰付候儀ニ御座候、人馬附送仕所ニ右申上候通り
 四ケ所之川端ニ而、
 千曲川出水之節ハ村居危御座候ニ付、
 市川孫右衛門様 御代官所之節、御検分之上御入用金
 八百両余並御人足三千人余被 下置丈夫ニ御普請
 被 仰付、 御慈悲を以只今迄村居相立罷有候所ニ、
 此度之満水ニ而村東ハ千曲川、村南ハ大石川、村西ハ八郡川、      画像2
 北者沢入川河除押切り、村前後左右より水押掛ケ、男
 女逃候儀相叶不申、右之人馬・家財流死・流失仕侯、
 依之相残り候者渇命ニ及難儀仕候ニ付、高野町御役所江
 御願申上候所ニ、御見分被下少々夫食金御渡被下候得共、大勢
 之儀ニ而中々まひりとゝき不申、当分ニ至而可仕様無御
 座候間、及渇命候仕合ニ御座候間、御救米奉願候御事
一田畑之儀ハ夥敷亡所ニ罷成、家居ハ無御座難儀至極
 仕候ニ付、村居外に引取不申候得ハ罷成不申候間、乍恐
 早速御見分成被下、御入用御拝借被 仰付被下置侯様ニ
 奉願候、家居外へ引取候而も御川除被 仰付不被下候得ハ、
 相残候御田地猶又亡所ニ罷成候間、千曲河通南ハ大石川
 より北中畑村境迄不残御河除奉願候、扨又西ハ八郡川
 相残候御田地中を本瀬ニ罷成水通り申候間、是又御川除
奉願候御事
右申上候通前代承伝不申大満水ニ而、御田地ハ不及申、家居並
家財雑物不残押流当分可仕様無御座、一村亡所ニ罷成難儀      画像3
至極ニ奉存候、乍恐此度之儀 殿様(水野忠穀)御ちからニも御及被遊がたき
大破ニ御座候間、 御公儀様御見分之上御入用等被下置候共、
何れニも御慈悲ニ御了簡成被下、村相助り候様ニ奉願上侯、委細
之儀ハ別紙ニ相認村絵図指上申候、猶又御尋之上口上ニ可申上候、以上、
             佐久郡上畑村
 寛保弐年戌八月       名 主 孫 之 丞(印)
               組 頭 太 四 郎判流
               年 寄 半左衛門(印)
               同   源五右衛門判流
               同   八 三 郎(印)
               同   源   七判流
               同   三郎兵衛判流
               同   六郎右衛門(印)
               同   庄右衛門判流
 高野町
  御役所様