NPO長野県図書館等協働機構 信州地域史料アーカイブ

1.震災・火災・水害等災害の記録

天明3年12月10日 浅間山焼けにより小物成免除願い [現代訳] 

 
     恐れながら書付をもってお願い申し上げます
入会で、浅間山のふもとの山から馬草・刈敷・薪などを取っていることから、山役銭(山の利用料)として銭十六貫二百文を毎年上納している。ところが、今年六月中旬より浅間山がたびたび噴火し、入会山へ石砂を降らせたため、入会山へ入ることができなくなってしまった。現在は、薪などが不足して難儀している。しかも、今年は凶作だったので、少しの出費であっても百姓は難儀に思うので、今年は右の小物成(山役銭)の上納を免除してほしい。