NPO長野県図書館等協働機構 信州地域史料アーカイブ

1.震災・火災・水害等災害の記録

天明3年8月23日 浅間山大焼け以来難儀につき見分願い [翻刻] 

            画像
 
 (前欠)
□・・・□之濁水押込、其
□(後)ハ水掛引も不相成、別而悪作仕候、
浅間大焼ニ付、砂石押埋、村々用水堰路大破之
□所数ケ所有之、百姓自力□・・・□御役所様江
□願指上ケ、其上
□□御見分之御役人様方へも願指上置候間、幾重ニも
□□之御慈悲奉願上候、右躰当秋之様子ニ而ハ、弥村□
足指出シ、普請可仕勢力も無御座候、普請出来不仕候ニおゐてハ
□亦明年之耕作迄指支ニ□・・・□(何)共難義至極奉存候、
畑作之内、当郡百姓重も之夫食、黍之義例年ハ秋
□(彼)岸ニ入候得者、少々宛も苅取、百姓夫食取続仕、
□□当秋之儀者、明廿四日彼岸ニ入候得共、此節
□(漸)穂出かゝり、穂の色紫ニ相成罷有候、此義者
□(決)而用立申間敷奉存候、
浅間山之儀、以今焼止不申、当月十七日昼八ツ時より
□八日朝迄之内焼出シ候、烟南之方へ吹返シ雨ニ交り
□(石)砂降り申候処、打続大風雨ニ而、硫黄之毒
□染込候哉、畑物都而白かれニ相成、悉ク痛申候、
□(就)中菜・大根・烟草之儀□□□用立不申趣ニ
□(御)座候、其外畑物何ニ而も、当分之様子ニ而ハ、少々も実入
□もの相見不申候、
□(当)国之儀、秋彼岸過候得者、霜降り候義、遅速
□(難)計候、既六十年以前卯年、彼岸入口ニ霜降
□(当)郡田畑皆損仕、飢饉と申記有之候由、覚候者も
□(有)之候、都而当国之義者、霜降候を限ニ収納仕候、
□、何卒霜相延、諸作物少々宛も実入候得ハ、
□上之大幸ニ奉存候得共、最早彼岸ニも入候間、
自然無程霜降り候ニおいてハ□(誠カ)諸作物種を
□(失)ひ候程之義、言語絶し大難□(ニ)候、然ル上ハ、百
□(姓)飢渇之義者不及申上
□(御)上様御指支之段も奉恐察候ニ付、前条之趣
□(再)応御訴申上候、
□去秋田方之儀、甚不作仕□□(皆無)同前ニ付、難義之
趣、其節度々御願申上候処、去冬御石代直段等ニ而
□慈悲被成下置、百姓一同難有奉存候、然ル所当
□麦作亦候半毛ニ有之、打続候不作故、村々困窮
□百姓、当春以来夫食、米穀其外諸割合上納
□銭等迄、不残当秋作引当□借用仕置候処、
当秋ニ至格別之凶作ニ御座候而ハ、必至と指詰難義
□(至)極ニ奉存候、
□(右)躰之世柄ニ而ハ、当暮之始末如何可参哉難計
存候故歟、米穀金銭借出し□□も、最早只今より
□通用ニ相見へ、此節大小之百姓甚難義之儀共
有之候、
浅間山大焼之節ハ、麓之村々退散仕、御領分
村々之内江多分入込、無拠暫之内厄介仕、夥敷
失却も相掛り候、是等之儀□□今ニ罷成候ハヽ者〔(衍)者〕
百姓痛ニ相成、此節之難儀と罷成候、
□(浅)間山大焼以来、に今焼鎮り不申、殊ニ雨天勝ニ而
□(世)上様々之浮説を申驚シ、其上凶作之義者
□夜胸腹痛メ罷有候故歟、分躰□□(愚昧)之百姓人気
騒々敷罷成、此節村役人取計方ニ付万端
□(指)支之儀共出来、何共難義至極ニ奉存候、
右之通少シも相違無御座候、御見分被成下候上
□(江)戸 御屋鋪様江被仰上、御□(慈)悲之儀幾
□(重)ニも奉願上候、以上、
              御領分
              御分地
  天明三卯年              村々
     八月廿三日
岩村田
 御役所様