NPO長野県図書館等協働機構 信州地域史料アーカイブ

1.震災・火災・水害等災害の記録

天明3年7月14日 御役所より被仰渡御書付之写并請印 [翻刻] 

 
(表紙)      画像1
「  天明三卯年七月十四日
 御役所様より被仰渡御書付之写并請印 」
 
    申渡覚      画像2
此度浅間山大焼ニ付、追分・沓掛
軽井沢三ケ宿を初、浅間山近辺之
村々及難儀候時節ニ候条、別而申渡候者、
米穀者不及申ニ、諸売物買置
 
  (改頁)      画像3
 
商人仲ケ間申合、〆売等之儀者
決而不相成、其外有来之諸売
物随分正路ニ商ひ候様可致候、
右之儀常々可相心得儀ニ有之候、尚
以此度浅間山之変事ニ付、右三宿
至而難儀ニ付、取続難成由、依之
 
  (改頁)
 
買置并諸色高直ニ無之様いたし度
旨御影 御役所江相願候由申来候、
若相背買置・〆売或者高直之
商ひ致候者於有之者、急度可申付事
右之趣諸商人江申聞、印形取置
 
  (改頁)      画像4
 
可申候、右躰之儀致見聞候ハヽ早速
可申出、若聞遁しニいたし置候而者
宿役人可為越度候、以上、
  七月十四日  役所御印
 
  (改頁)
 
前書御書付之趣被仰渡、猶又
常躰共ニ相心得候様、急度被仰渡候
通承知奉畏候、依之印形差上申
候、以上、
 
  (改頁)      画像5
 
            岩村田宿
  天明三卯年七月十四日    忠 八 (印)
                森 助 (印)
                太郎八 (印)
                藤太夫 (印)
                武左衛門(印)
 
  (改頁)
 
                勇右衛門(印)
                善四郎 (印)
                万右衛門(印)
                孫 六 (印)
                佐源次 (印)
                太右衛門(印)
 
  (改頁)      画像6
 
                清 内 (印)
                五 助 (印)
                権之助 (印)
                八右衛門(印)
                利兵衛 (印)
                善 蔵 (印)
 
  (改頁)
 
                五郎太夫(印)
                久 七 (印)
                佐源太 (印)
                岡右衛門(印)
                庄 吉 (印)
                園右衛門(印)
 
  (改頁)      画像7
 
                角兵衛 (印)
                七兵衛 (印)
                新三郎 (印)
                彦兵衛 (印)
                弥左衛門(印)
                弥源次 (印)
 
  (改頁)
 
                喜右衛門(印)
                一郎右衛門(印)